初めての転職活動で陥りやすい!7つの転職失敗あるあると解決法

初めての転職というのは結構失敗しやすいものです。特に新卒で大手の会社に行った人は2社目の転職で失敗してしまうケースが多いです。

しかもだいたいみんな同じ失敗をしてしまっています。かくいう筆者も大手からベンチャーに転職し、失敗した人間です。

では、初めての転職の失敗あるあるにはどんなものがあり、そうならないためにどのように回避していけばいいのかを現役で転職エージェントに勤務する筆者が説明します。

よくある7つの転職失敗あるあるは??

まずは、初めての転職でよくある7つの失敗をお話したいと思います。

主には以下の通りです。

  • 転職してさらに仕事がきつくなった
  • 転職先の仕事に全然興味がない
  • 転職先がブラック企業だった
  • 年収アップして転職したはずなのに年収が下がった
  • 入社したら一緒に働きたい上司、先輩が辞めていた
  • 入社時期が合わなくて内定を取り消されてしまった
  • 勢いよく退職したものの、転職先が見つからなくなった

では、それぞれの解決方法について以下で解説します。

転職してさらに仕事がきつくなった

これは大企業に入社した人が転職して規模の小さい会社に行ったときに感じることです。

大企業は教育・研修システムが非常に整っているため、仕事のキャッチアップをしやすいですし、仕事も縦割りで、一人一人に負荷がかからないように人員を整えています。

しかし、大企業のように業務範囲を明確にできて、人員を整えられる会社はそうそうありません。そして、中途採用で若手の人材を採りたがっている会社のほとんどは中堅以下の企業です。

結果、仕事が辛くて転職したはずが、さらに仕事が辛くなってしまったというパターンは転職あるあるの1つです。

それに対して対策は以下の通りです。

仕事の何に苦痛を感じているのか明確にする

仕事なんて辛いものでしかありませんので辛さから逃げることは不可能です。でも、一番苦痛なことを回避することはできます。ですので、まずは一番苦痛なことをはっきりさせましょう。

例えば筆者は1社目で証券会社に入り、証券営業をしていましたが、一番苦痛だった事は、転勤族になり、しょうもない金融商品を会社から売って来いと言われ続けることでした。(未来のあるビジネスだと思えなかったです)

筆者が転職を決めた経緯を考えると、金融業界は転職が多い業界であることに加え、同業他社に行っても自分の苦痛は無くならないと考えた結果、筆者は人材業界へ転職することを決めました。

全ての辛さを回避することは不可能なので一番辛いことをはっきりさせて、それを排除するということを第一に考えましょう。

今より辛くなっても大丈夫なことは何かを考える

転職は、チューニングのようなもので、本当に苦痛なことから回避できても、転職したことで新たな苦痛が生まれることも珍しくありません。

筆者の場合だと証券営業から人材営業に転身しましたが、株や投資信託のようなリスクの高い金融商品を売らなくてもよくなった代わりに、労働時間がやたらと長くなりました。(遅くても7時退社→10時退社が当たり前)

あとは、年収に関しても100万円くらい落としました。ですので、転職してしばらくは貧乏でした。(税金の絡みで今も割と貧乏ですが・・・)

繰り返しますが、楽な仕事は原則この世にありません(楽だから給料が下がることも含め)ので、耐えられる苦労とは何かを考え、それを受け入れたうえで転職をしましょう。

ちなみに筆者は今10時退社という非効率的な働き方をしていません。お金のこともそうですが、受け入れた辛さは将来的に改善できる場合もあるという事も付け加えておきます。

転職先の仕事に全然興味がない

晴れて転職できたところまでは良かったものの、いざ新しい会社の仕事をやってみたら前の会社の仕事より面白くない、聞いてた話と違ったというケースも転職あるあるの1つです。

それに対し、対策は以下の通りです。

会社のビジネスの性質を理解し、転職先の業界を絞り込む

転職先の仕事に興味がなくて退職する人は、転職先の業界を考えずやみくもに受けたり、働き方の異なる業界をいくつか受ける傾向が見られます。

こういう業界を絞らずに転職先を探す人は、仕事をイメージや表面的なところしか見ていないため、実際働いた時に思い描いた仕事とギャップが産まれてしまうのです。

そうならないようにするため、自分が苦手な働き方、自分が目指す働き方を明確にしたうえで、興味のある業界・仕事を絞り込みましょう。

また、業界の絞り込みをする際は、自分の適性も考慮しましょう。

なぜなら、自分の適性に合わない働き方をすると活躍できません。それに筆者の経験上、勝ちゲームが展開できる働き方が一番面白いので、得意なことを仕事にすることをおすすめします。

転職エージェントと会社側双方から仕事内容の確認を取る

業務内容については、転職エージェントおよび面接企業から確認を取りましょう。営業の方の転職の場合は特にそうですが、まず以下のことを転職エージェントに聞いておくことが重要です。

  • 顧客
  • 販売方法
  • 単価
  • 所属チームの人数(部署全体の人数)

上記はどんな仕事なのかを想像するにあたって最低限必要となる情報です。

転職エージェントからこれらの情報を確認し、さらに企業から直接聞きたい情報を面接の中で質問をし、情報の精度を上げ、自分の求める働き方ができるのかを確認しましょう。

転職先企業がブラック企業だった

ブラック企業に転職してしまったという話は、転職あるある話の代表格といっていいでしょう。ちなみに筆者が初めて転職した会社もブラック企業でした。(8か月でクビになりましたが・・・笑)

では、ブラック企業に転職しないための対策は以下の通りです。

転職エージェント経由で転職する

転職エージェント経由で転職をすると、ブラック企業を引く確率が下がります。なぜかというと、採用単価が高いからです。

転職エージェント経由で人材を採用した場合、成功報酬型で採用した社員が入社して後に理論年収の30%程度を会社側が支払うことになります。(最近のトレンドは35%ですが、昔から契約を結んでいる会社だと30%というケースが多いです。)

そのため、転職エージェントを通じて理論年収400万円の社員を採用した会社は、120万円を転職エージェントに支払うということになります。

対して、転職サイトは人材広告という位置づけで、求人を掲載する際には、採用できる・できないに関わらず50万~100万円くらい(プランによる)を支払います。採用単価は転職エージェントより低めです。

しかも、転職サイトは1求人を掲載したら、そこから複数名の採用をしても問題がないため、複数名採用をする際に非常に利点のある採用手法であると言えます。

5名、10名を一気に採用ができる転職サイトは、万年人材不足のブラック企業に有効な採用手法ですし、逆に言えば1名の採用単価が高い転職エージェントはブラック企業にとって適した採用手法ではないのです。

ただ、実質的にブラック企業なのに、自分の会社をブラック企業だと思っていない会社(筆者の前職など)は、転職エージェント経由で採用をしますのでそこは注意しましょう。

ちなみにブラック企業に転職を避けるためには以下のエージェントを利用すると良いです。

なぜ上記の転職エージェントの利用をおすすめするのかというと「豊富な企業情報量がある」ことと、企業としての「コンプライアンス意識」が高いからです。

残念なことに売上重視で、適当な仕事をする転職エージェントが散見されます。しかし、上記のエージェントは、日本で長らく人材ビジネスに関わり、コンプライアンスについても徹底しています。

ブラック企業への転職確率を下げるためにはこういった歴史と実績のある転職エージェントを利用しましょう。

ビジネスモデルをなるべく正確に認識する

どう考えてもブラックにしかならないビジネスモデルがあります。例えば投資用不動産のビジネスはその最たるものです。(よく筆者のところに電話がかかってきますが非常に鬱陶しいですね)

この投資用不動産というビジネスモデルは、不動産を仕入れ、その不動産を購入してくれる人を探すため、高額納税者リストを会社で購入して平日、土日関わらずテレアポをしまくるという働き方をします。

しかも不動産の価格はウン千万や億のコストがかかるものであるため、そう簡単に成約に至りません。

そのため、テレアポ件数は異常な数になり、1件の成約の有無で会社の売上成果が変わってくるため、営業を厳しい環境でやらざるを得なくなります。(税金対策、物価上昇リスクをネタに商談を展開するのがお約束ですね)

ブラック業界に属する企業は、「うちの会社はブラックではない」という言い方をする会社がありますが、ビジネスモデルを見れば、同業他社で大きな違いはありません。

ですので、ブラックな業界に1社だけホワイトな会社があるという認識は持たない方が良いです。

年収アップして転職したはずなのに年収が下がった

筆者の経験では提示された年収だと年収アップなのに、生活が逆に苦しくなったというケースがありました。このように転職して年収が下がって生活が苦しくなるケースも転職あるあるの1つです。

では、どうすればいいのかというと以下の通りです。

年収だけではなく、月収と賞与を確認する

大抵の方は内定時に理論年収を気にします。しかし、月収が低ければ生活が苦しくなるので、月収はいくらなのかしっかり確認をしましょう。

以前筆者が29歳の時内定を貰った会社では、年収は400万円そこそこで月収が22~23万円というケースがありました。一応最低希望年収はクリアしていましたが、新卒並みの月収では生きていけないと考え内定を辞退しました。

特に外資系企業から日系企業に転職するする場合「月給これだけしかないの?」といった状況が生まれやすくなります。年収だけでなく、月収の金額というのも気にしましょう。

賞与の支給条件を確認する

内定通知書には、賞与の金額が記載されていますが、厳密にはその記載された賞与金額が支給されるわけではなく、賞与査定が行われて初めて賞与金額が確定します。

そのため、賞与査定に関してはだいたいのことを知っておいた方が良いです。

筆者が所属した前職の賞与査定は、売上金額/売上目標×賞与標準金額で賞与金額が確定するというパンチの効いた賞与査定だったので、売上がクリアできないととんでもなく低い賞与しかもらえない仕組みでした。

このように賞与の査定方法がアコギな場合もありますので、賞与の査定方法についてもある程度納得の上入社するようにしましょう。

入社したら一緒に働きたい上司、先輩が辞めていた

面接であった人が素晴らしいからその会社に入ったという人が結構見られますが、人ベースで入社する会社を決めるのは辞めましょう。

なぜなら、転職が当たり前になっている世の中でその人がずっと会社に居る可能性はそんなに高くないですし、結局ビジネスが自分に合っていないと、上司が変わったらまた転職しなければならなくなってしまうからです。

ちゃんと自分がそのビジネスにフィットしているかどうかをチェックしましょう。

入社時期が合わなくて内定を取り消されてしまった

筆者が転職支援した方で、採用企業側の入社スケジュールに間に合わなくて内定を取り消されたという話も転職あるあるの1つです。そうなってしまったら、折角内定を勝ち取っても無駄になってしまいます。

では、そうなる前にどうすればいいのかというと以下の通りです。

最終面接前には会社の就業規則を確認する

就業規則には退職規定というものがあります。退職交渉を行うにあたって、重要な情報なので1次面接を通過するくらいまでに確認をしておきましょう。

大抵の場合は入社の2週間~1カ月前までと書かれているのが一般的なのですが、中にはちなみに3か月前、半年前など1か月を超える期間を書かれているケースもあります。

退職期間を1か月を超える日数が書かれているものに関しては無効だというのが一般的な考え方ではありますが、もし現職の就業規則に1か月を超え期日が書かれている場合は転職エージェントや転職先に早めに相談しておく方が無難です。

短期間で引継ぎができるよう段取る

会社から2週間~1カ月で退職を承認してもらえない要因は、上司の感情的な理由と引継ぎスケジュールの2択しかありません。

上司の感情はそう簡単にどうにかなるものではないですが、引継ぎスケジュールは事前に準備しておけば短縮することができます。

転職活動を進めながら、退職の準備をしておくことをおすすめします。

会社からゴネられても引かない

優秀な社員や人材不足の会社は、社員の退職に対しゴネて退職を防ごうとしたり、中にはカウンターオファーという年収アップや昇進をちらつかせて残留をさせたりしようとします。

しかし、こういった対応には誠実に対応はすれど、応じてはいけません。退職を決めたのは自分の未来のためのはずです。自分のためにならないのにゴネられて退職を止めるというのは無意味な行為です。

また、カウンターオファーも受けてはいけません。もしも本当にあなたの実力を認めているのなら、最初から昇給や出世をさせているはずです。

何より今は必要だから残留要請をさせますが、会社の人員削減が始まったら、裏切り者として真っ先に退職人員リストに入ります。(実際筆者がそれで退職させられた人とお会いしたことがあります)

一度退職すると言ったら、退職を撤回することもリスクであると知っておきましょう。

勢いよく退職したものの転職先が見つからなくなった

先日も新卒で入社した会社を3年弱で退社した方の転職支援をさせて頂きましたが、退職から入社まで半年くらいの期間を要しました。

思った通り転職先が決まらないのも転職あるあるです。では、退職先が見つからない場合の対応はというと以下の通りです。

次の会社が決まるまでは退職しない

そもそもの話なのですが、次の就労先が決まるまで会社を辞めないようにしましょう。

次の会社が決まらないまま退職してしまうと、安定した収入が得られなくなりますし、離職期間が長期化すると焦ってブラック企業に転職してしまうのも転職あるあるです。

転職活動も退職も慎重にすすめましょう。

もし勢いで辞めてしまっていたら、転職活動に全力を注ぐ

もしも勢いで退職してしまっているのなら、とにかく転職活動に全力を注ぎましょう。当面のお金が必要でアルバイトをしなければならないのなら、日中に面接に行く時間を作れるバイトをしましょう。

一度退職をして、その期間が空けば空くほど転職は不利になります。また、バイトは職務経歴として何の評価もされません。バイト中心の生活は絶対に止めましょう。

まとめ

以上、まとめます。

  • 転職の失敗を防ぐためには転職先を絞り込もう、人を理由に入社先を決めない
  • ブラック企業への転職を防ぐのは転職エージェントの利用が効果的
  • 転職先のお金に関する情報はしっかり確認する
  • 退職交渉を滞りなく進めるためには、事前に退職の準備をしておく
  • 次の会社が決まるまでは原則退職してはダメ

転職の失敗あるあるは実に多岐に渡ってあります。それだけ、転職には落とし穴が多いという事なのです。

退職、転職は慎重に行い、良い転職ができるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

関西学院大学卒業、1社目では大手証券会社に勤務  ・8か月でメンタルをやられ休職。 ・証券会社時代はお荷物社員として最低評価を受ける。「こんなひどい評価の奴初めて見た」とまで言われた。 以降、人材ベンチャー、大手転職エージェントに勤務し、2度の戦力外通告を受ける。 現職では、中小の転職エージェントでキャリアアドバイザー兼法人営業で2年連続で社内2位の売り上げを達成。前職退職時の年収450万円→2019年の年収は約1000万円 税金の支払いに苦労してます笑 【人物像】 ・ただの酒好き ・論理・理屈で物を考える 【記事の基本方針】 私のような最強のダメ人間でも、思考力、実力、環境を整備すれば それ相応の成果を出せるということを表現できればいいと思っています。 よろしくお願いします。