上司の理不尽な指示や要求にはもう限界!どう対応すればいい?

上司が誰になるのかは重要な問題です。特に入社して年次の浅い方にとってはそうそう簡単に上司に逆らえるものではないため、その後の社会人生に大きな影響を与える可能性があります。

また、上司には色々な人がいます。部下に信頼をされる良い上司もいれば、理不尽な指示や要求ばかり出し、怒鳴ってばかりいる悪い上司、嫌われる上司もいます。

良い上司に当たれば良いのですが、悪い上司にあたり、その指示や要求まともに聞いていたら精神的にも体力的に持ちません。

では、理不尽な指示や要求をする悪い上司に対して、どのように対応すればよいのか転職エージェントで働く筆者が自身の経験を交えてお話します。

上司が理不尽に怒る、無理な要求や指示をする理由は?

まずは、なぜ上司が理不尽に怒ったり、無理な要求や指示(いわゆる無茶ぶりを)をしたりする理由を検証します。

自分の思い通りにさせたいから

上司となる課長クラスの人は、指示をする権限をもっているいわば権力者です。もちろん会社から指示の元上司は指示を出していますが、権力を持っている以上、行使したいと考えるものです。

自分の思い通り進めたいというのは管理職である以上だれもが持っている感情でしょう。

自分が責任を取りたくないから

上司の仕事というのは、責任を取るのが仕事なのですが、失敗をして責任を取ると自分の出世や給与査定に響きます。

自分が責任を取りたくないから理不尽な指示を出し、出来なかったら部下の責任にして自分の地位を保全しようとするケースがあります。

この手のタイプは臆病な人に見られる傾向です。

何もかもを把握したい

恋愛で、男性が彼女の何もかもを把握しようとする束縛気質な人がいるように、仕事においてもすべてのスケジュールを把握し、1時間ごとの報告を求めてくるようなタイプの上司もいます。

束縛体質な男性も、全てのスケジュールを把握する上司も共通していることは常に不安に付きまとわれている点です。

束縛気質な男性は、自分の知りえないところで他の男性と会っている、振られる状況を嫌がり、全てのスケジュールを把握しようとする上司は自分の知りえないところでミスが発生するのを嫌がる所はとても似ています。

つまるところ、この束縛上司も不安なんです。仕事にミスはつきものなので、ミスが起きた時に対応できない、自身の評価が下がることを懸念して何もかもを把握しようとするのです。(そして嫌われます)

根性論が好き・経験則を正当化する

これは上司に限らず誰もがそうですが、自分の成功体験があれば、その経験則が正しいと思うものです。

そして、昭和~バブル世代の上司はとにかく根性論が好きな人が多いです。個人的には時代の変化に対応しないと成功しないと思いますが、自分たちの成功体験はそれなりの苦労があったはずなので簡単に捨てられません。

ですので、自分の部下にも、自身の成功体験を当てはめて気合、根性全開の無茶ぶりをしてしまうきらいがあります。

単純に気が短い・感情のコントロールができない

気が短い上司は自分が思い通りいかない時はすぐ怒ります。筆者が初めて転職した先のベンチャーに在籍した時、最後の上司がこのタイプでした。

仕事はできるけど感情のコントロールができないのでマネージャーとしては不適格な人です。実際、その上司はクラッシャーと言われ、色んな部下を潰してきました。

筆者は転職エージェントに勤務し、色んな方と転職面談をしましたが、この手の気が短い上司が上についた時はだいたい短期離職に繋がります。筆者が紹介した方がこのようなクラッシャーに潰されて早期退職した例もあります。

部下は、このタイプの上司の顔色を見ながら仕事をしなければならないので最も面倒なタイプな上司だと筆者は考えます。

上司の理不尽に対応する方法は?

では、このような理不尽な上司とうまくやり過ごすには以下のような対応をおすすめします。

上司の求める仕事の完成形を理解し、仕事の段取りをする

上司がいつまでにどんな成果を求めているのかを理解しましょう。上司が求めている結果を上司の求めているスケジュールでできていれば文句を言われる理由がなくなります。

ミッションを与えられたら、いつまでにどんな形で上司に渡せばいいのかを正確に把握し、それを実現するための段取りを組みましょう。

また、段取りを組むだけではなく、上司とその手順を確認し、上司から承認を取ったらそれ通り進める、万一躓いたら上司に相談するというスタイルを徹底しましょう。

あれこれ受け身で言われるから辛くなるので、逆に自分からコミュニケーションを取りに行くほうが楽です。しかも、能動的に行動できる人だと解釈されるので上司の評価は上がります。

報告・連絡・相談を徹底する

上述でもお伝えした通り、受け身で上司から指示を受けるから辛くなります。常に自ら進捗を報告・連絡し、困ったことがあれば相談をしましょう。

上司も会社から言われた成果目標をクリアできないかもしれないという不安があります。上司にそういった不安を与えないようにするため、コミュニケーションを取っていれば安心をされます。

普段偉そうにあれこれ言ったり、細かく状況を確認する上司は、案外気がちっちゃいです。そのことを認識して、上司より先にコミュニケーション取るよう心掛けましょう。

上司の太鼓持ちをする

イエスマンが好きな上司は案外多いです。自分の上司がイエスマン好きだと思ったら、その上司の太鼓持ち、すなわちご機嫌取りをしましょう。

面倒だと思うかもしれませんが、太鼓持ちをしておけば自分の意見を通しやすくなったり、指導が甘くなったりとそれなりの特権もあります。

ただ、一定の成果を出していないと、その上司にとって都合のいい部下にはならないので、平均レベルの成果を出すことは忘れてはいけません。

まともに相手しない

体育会気質で根性で結果を出せというタイプや感情的に話すタイプの上司に対してはまともに相手せずに「はいわかりました」や「すいません」とだけ淡々と言っておきましょう。

会話のできない上司とまともに話をしても時間の無駄です。

若い人は自身の仕事ができていないことに対し、上司が怒っているから申し訳ない、自分はだめなやつだなどと考えるかもしれません。

しかし、その仕事を任せたことそのものはその上司の責任です。自身はできるだけのことをやればいいのです。

自身がやった仕事に対して、なぜだめなのかを指導するのが上司の役割ですがそれを感情的に騒ぎ立てる上司や、根性が足りないという意味の分からない指導しかできないのはただのダメ上司です。

自身が仕事をできる・できないは棚に置いて構いません。無駄な指導しかしないならその上司の言うことは聞き流して、仕事のできる先輩に指導してもらう方が建設的な時間を過ごすことができます。

周囲と結託する

上司の対応策に関しては、周囲の先輩たちと結託して対応策を決めましょう。特に、ダメ上司の下の先輩たちは、上司が使えないことを分かっているので連携が取れているケースが多いです。

その先輩たちと結託して、上司の対応策を考えていく、フォローしあっていくというのも大事なことです。

上司がヤバい人なら退職・転職もアリ

ただ、上司が頭のおかしい人で、この人の元で働いていたら精神がおかしくなると思ったら退職・転職という選択肢もありです。

昔は上司との相性を理由に転職をする人は嫌われていましたが、最近はパワハラ上司の元で働き続けて精神を病むくらいなら転職をすべきだという考え方も企業人事の中で根付いてきました。

上司とうまくやるための工夫はしてほしいですが、限界だと思ったら以下のような転職エージェントに相談しましょう。

もし興味のある方はこちらから。

まとめ

以上、まとめます。

  • 上司が理不尽な指示や要求をする理由は、上司が権力者思考、臆病、性格的なものの3つに分類される
  • 仕事の段取り、コミュニケーションの徹底、太鼓持ち、周囲の先輩たちとの連携で理不尽上司への対処ができる
  • 理不尽上司で精神的に辛いなら退職・転職もあり

理不尽上司はなぜ理不尽な要求や指示を出すのかを考えたことがない方は多いのではないでしょうか。上司も人間ですので、そんな指示や要求をする背景を考え、上司が喜ぶ行動をしてあげると喜ばれる可能性が高いです。

上司を嫌うのは簡単ですし、上司と一緒に仕事をすることを拒否して退職・転職をすることがダメだとは思いません。でも、まずは自分ができることからやって、上司から喜ばれる部下を目指してみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

関西学院大学卒業、1社目では大手証券会社に勤務  ・8か月でメンタルをやられ休職。 ・証券会社時代はお荷物社員として最低評価を受ける。「こんなひどい評価の奴初めて見た」とまで言われた。 以降、人材ベンチャー、大手転職エージェントに勤務し、2度の戦力外通告を受ける。 現職では、中小の転職エージェントでキャリアアドバイザー兼法人営業で2年連続で社内2位の売り上げを達成。前職退職時の年収450万円→2019年の年収は約1000万円 税金の支払いに苦労してます笑 【人物像】 ・ただの酒好き ・論理・理屈で物を考える 【記事の基本方針】 私のような最強のダメ人間でも、思考力、実力、環境を整備すれば それ相応の成果を出せるということを表現できればいいと思っています。 よろしくお願いします。