仕事を3ヶ月で辞めた!短期退職から転職成功への3つの方法

新卒で会社に入社したけど、3ヶ月で退職したという人はいませんか?筆者が新卒で入社した会社で最初に退職した人も入社3ヶ月した。

3ヶ月というのは一般的な会社で試用期間が終了する期間なので、退職を決意する一つの契機にもなります。

とはいえ、3ヶ月で退職した人は、次の仕事が見つかるのか不安ですよね?

そこで、入社して3ヶ月で退職した人はどうすれば、次の会社を見つけられるのか、短期で退職したあとの上手な転職方法を現役転職エージェント勤務の筆者がご紹介をします。

なぜ3ヶ月で会社を辞めるという人生のミスを犯すのか

まずは、3ヶ月という短期で退職をするという客観的に見れば人生のミスだと思われるようなことをなぜするのでしょうか。その理由を検証していきます。

具体的には、以下の要因が考えられます。

  • 上司に毎日怒られるのが辛い
  • 会社の雰囲気が悪い
  • 仕事が辛い
  • 仕事でミスが多い
  • 残業時間が多くて辛い
  • 理想とギャップが激しかった
  • 休日出勤が多かった
  • 先輩や上司との人間関係が多かった
  • 給料が安い
  • 仕事が面白くない

とにかく、入社して短期で退職する理由は多岐にわたります。

筆者は新卒で証券会社に入社しましたが、最初に退職した人(女性でした)が、社内で怒号が飛び交う環境で、とにかく毎日テレアポと訪問営業を繰り返す環境が嫌だったようです。

ちなみに筆者もその環境が嫌で転職を考えていました。

筆者の大学の同級生は、入社1週間で、会社の雰囲気が嫌だと言って銀行を辞めていました。入社3ヶ月という短い期間でも会社を辞める理由はいくらでもあるのです。

入社3ヶ月で会社を辞めて転職はできるのか?

とはいえ、新卒で会社に入社したのに、3ヶ月で退職した人は、次の会社に転職できるのかという不安があるのではないですか?

結論から言えば、新卒で入った会社を入社3ヶ月で退職しても、次の会社を見つけられる可能性は十分あります。その背景は以下の通りです。

  • 短期間での退職は現状増えている
  • 少子化が進み、新卒採用に苦戦する会社が多い
  • パワハラなどに対して意識が高い会社が多く、退職理由が正当なら採用する会社が増えてきた

では、それぞれ詳細な説明を加えます。

短期間での退職は現状増えている

実は、今新卒で入社した会社を短期で辞める人が増えてきています。

実際、新卒入社した人の3割は、入社した会社を辞めるというデータも出ていますし、業界によっては、1年目で入社した人の2割以上が辞める業界もあります。

つまり、新卒の若手社員が早期で辞めることが当たり前になっているのです。

筆者が所属した前職でも、元々は年間退職率が25%の会社で、経営側も根性のない社員は要らないみたいな社風でしたが、徐々に退職者をどう減らすのかという考えにシフトしてきました。

つまり、元々は短期で退職するのは辞めた社員が悪いという発想から、長期定着できる環境を作れない会社が悪いという発想に世の中がなってきているのです。

少子化が進み、新卒採用に苦戦する会社が多い

ご存じの通り、今日本は超少子高齢化社会を迎えています。

少子高齢化を迎えるということは、定年を迎える人が増えるのにも関わらず、新卒で入社してくれる社員が少なくなるということに繋がります。

結果、中小企業を中心に、新卒採用に苦戦している会社が多いです。

そのため、そういう新卒採用に苦戦している会社が狙っているのは、第二新卒層です。3ヶ月で退職した人でも、新卒採用に失敗した会社にとってはありがたい存在です。

このように、採用市場の状況からも入社3ヶ月で退職をした人でも採用される可能性が高いのです。

こういった状況があるので、第二新卒専門の転職エージェントが多く生まれているということも付け加えさせていただきます。

パワハラなどに対して意識が高い会社が多く、退職理由が正当なら採用する会社が増えてきた

一昔前は、短期で退職する人は根性がないとか言われましたが、最近はパワハラや労務管理が厳しい時代になってきました。

もちろん入社3ヶ月で退職したことがプラスに働くことはありませんが、短期離職に対して正当な理由があるのかどうかを確認してくれます。

少なくとも3ヶ月で退職したから、門前払いをする会社は減っているのです。

短期離職から転職を成功するための3つの方法

では、短期離職から転職を成功する方法についてご紹介します。具体的には以下の3点を行いましょう。

退職の理由、志望理由を明確に話せるようにしよう

上述でもお伝えしましたが、3ヶ月で会社を辞めたからといって即門前払いをする会社は減っています。ただ、退職理由に納得感がないと、自社も早期で辞めてしまうと判断されます。

志望理由に関しても、自社でなぜ働きたいのかを前職の退職理由と合わせて聞かれますので、納得感のある回答が必要です。

退職理由、志望理由は高い確率で聞かれますので必ず回答できるようにしておきましょう。

印象を良くしよう

新卒、第二新卒で共通していることは、とにかくその人の印象が重要です。結局、新卒、第二新卒で評価されるポイントは1にも2にも印象です。

印象を改善するためには、以下のことに気を付けてください。

  • とにかく小ぎれいな格好をする
  • 面接で最低限必要なマナーを熟知しておく
  • 明るく、はっきり話す
  • 質問に対して正しい回答をする

上記三点については、そのままだと思うので敢えて説明を省きたいと思いますが、問題は四点目の「質問に対して正しい回答をする」という点です。

ここで「質問に対して正しい回答をする」ということはどういうことなのかということですが、一言で言えば、質問の趣旨に合った回答をすることです。

例えば、学生時代にどんなことに力をいれましたか?という質問をされた場合の正しい回答と誤った回答を紹介します。

  • 正しい回答:塾講師のアルバイトです。生徒のテストの点数を上げられるような授業校生を考え、満足度を高められるような授業をできるような工夫をしました。
  • 誤った回答:アルバイトで塾講師をやっていたのですが、生徒に授業をすることで、自主的に勉強をできるような授業をどのように行うのか常に考えていました。

同じようなことを言っていますが、何が大きく違うのかというと、質問では「何に力をいれているのか」を聞いているので、「アルバイト」や「サークル活動」など、特定の活動名を回答する必要があります。

誤った回答を見ると、一見回答しているように見えますが、「何に力を入れた」という質問の趣旨に沿っていません。

相手は何を一番聞きたいのかをしっかり理解したうえで、可能な限りシンプルな回答をするようにしましょう。

転職エージェントを利用する

3ヶ月で退職をした場合は、次の会社で短期間での退職をすることで次の転職がかなり厳しくなります。

転職市場は一度の失敗には比較的寛容ですが、同じ失敗を二度繰り返すと非常に厳しい判断を下されます。

そうならないようにするためには、客観的にの退職理由を払しょくでき、かつ自分が活躍できる業界・会社へ転職することが必要です。

転職エージェントは客観的に採用される可能性があり、かつ長期就業できそうな可能性のある会社を紹介してくれます。

自分で探すより、客観的な評価を踏まえ求人を紹介してくれるため、自身が長期就業・活躍できる会社へ転職できる可能性が上がります。

個人的な感想を言えば、新卒で短期離職をした方だと、マイナビエージェントが最も良いかと思います。

マイナビエージェントについて書いた記事を以下でご紹介しています。

まとめ

以上、まとめます

  • 短期で会社を辞める理由は多岐にわたる
  • 新卒で入社した会社を3ヶ月で辞めても転職先は見つかる可能性が高い
  • 面接の中で退職理由と志望理由は必ず話せるようにする
  • 好印象を持ってもらえると面接で評価されやすい
  • 転職エージェントの利用で長期就業、入社後活躍の可能性が上がる

新卒で入社した会社を短期離職することは人生のミスだと思うかもしれません。その認識について否定はしませんが、ミスをしてもリカバリーは可能です。

特に若さは武器です。若い人を欲しがっている会社はたくさんあります。ただ、若いだけでは次の転職先が見つかりません。面接をクリアできるための準備と振る舞いをしましょう。

転職エージェントの力を借りれば成功率の上昇と、長期就業・入社後活躍ができる可能性が上がります。

入社三か月で退職したからといって社会人としての活躍を諦めないで、次活躍する場所を探すための行動をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

関西学院大学卒業、1社目では大手証券会社に勤務  ・8か月でメンタルをやられ休職。 ・証券会社時代はお荷物社員として最低評価を受ける。「こんなひどい評価の奴初めて見た」とまで言われた。 以降、人材ベンチャー、大手転職エージェントに勤務し、2度の戦力外通告を受ける。 現職では、中小の転職エージェントでキャリアアドバイザー兼法人営業で2年連続で社内2位の売り上げを達成。前職退職時の年収450万円→2019年の年収は約1000万円 税金の支払いに苦労してます笑 【人物像】 ・ただの酒好き ・論理・理屈で物を考える 【記事の基本方針】 私のような最強のダメ人間でも、思考力、実力、環境を整備すれば それ相応の成果を出せるということを表現できればいいと思っています。 よろしくお願いします。