3年間仕事したら転職できる?転職エージェントが教える3年の意味

転職市場には「転職3年説」というものがあります。転職3年説とは、新卒で入社した会社を3年経つまで辞めてはいけない、3年経たないと転職できないというものです。

筆者は新卒で入社した会社で、所属先の支店長にも「とにかく3年間はわき目も振らず頑張れ!」、「3年間は転職するな!」ということを言われました。

では、なぜこの「3年間辞めるな」と言われるのか、現役転職エージェントの筆者が解説します。

なぜ3年間続ける必要があるの?転職はいつしたらいいの?

では、なぜ3年間仕事を続けないといけないのか、その3年間という期間の意味は何かについてまずは解説します。

3年間という期間に意味はない

結論から言えば、3年間という期間に全く意味はありません。「3」という数字を日本人が好き、ただそれだけです。

「3年」という期間も「石の上にも3年」という言葉があり、そのまま準用されただけに過ぎません。

採用企業側の思惑としては一定期間働いて経験をした人が欲しいという思惑があったとします。

でもその一定期間ってどれくらいだろう?って考えた時に「石の上にも3年」という言葉があったので「じゃあ3年にしよう」ということになって「3年」という言葉が独り歩きしたということが想像できます。

だから、3年という期間にはあまり意味がないのです。目安となる数字が欲しかったから使っている数字だと考えてください。

ではいつ転職をすればいいのか?

では、いつ転職をすればいいのかですが、結論から言えばいつ転職してもいいです。

確かに「3年転職説」があるため、3年の経験がある人の方が多くの求人があるのは事実です。

しかし、転職市場には「第二新卒」という枠があります。

この「第二新卒」という枠は、少子高齢化が進んでいること、究極の売り手市場の中で新卒採用が激化しているため新卒採用を採用できない企業が出てきます。

加えて、新卒で入社した人の1/3が退職する時代になったので、辞めた新人社員の枠を埋めるためにも第二新卒層の採用が行われています。

ちなみに、30代以降は求人数そのものが減るものの、キャリア層としての求人層が一定数あるため、30歳以降でも転職をすることができます。

そのため、転職3年説というのは1つの目安として使われますが、なんだかんだでいつ転職しても大丈夫なのです。無駄に3年間同じ会社で働き続ける必要はないのです。

入社3ヶ月で退職したい人に向けて以下の記事を作成していますのでご確認をお願いします。

仕事が辛い!辞めたい!入社して3か月目だけど大丈夫?

3年間我慢して仕事をする必要はないが、3年後の目標を持とう!

上述でお伝えしたように、「3年」という数字に意味はありません。別に3年間嫌々働かなくても転職は可能です。

ただ、3年後の目標、もっといえば将来のビジョンを持って欲しいとは考えています。では、なぜ3年後の目標を持ってもらいたいのかその意図について解説をしていきます。

世の中で一人前の証は3年だという共通認識がある

上述でお伝えしたように、転職をするのは「3年後」や「石の上にも3年」というように根拠もなく3年という言葉が使われていますが、裏を返せば3年経てば1人前という1つの定義が出来上がっています。

筆者が昔在籍した証券会社でも見習いとされる期間は3年目までで、4年目から給料も大幅に上がり、売り上げ目標もこれまでとは全然違う数値目標が与えられるようになりました。

つまり、3年はという期間に特段意味はないものの、世の中の共通認識が3年経ったら一人前だという共通認識がある以上、入社して3年後には、それ相応の実績が求められるのです。

それ相応の実績を出すためには、自分が相応の能力を3年後には持っていないといけないのです。

では、3年後にそれ相応の実力をつけるために何が必要なのかというと目標です。

受験勉強なんてもう2度とやりたくないと思っている人が多いと思いますが、人の差こそあれ受験期には頑張って勉強できたのは期限があるからです。

ここまで頑張れば、受験勉強が終るし、終わったら大学に行ける!(何なら遊べる!)という思いがあるのが受験勉強の励みになるのです。

しかし、社会人は受験期間とは比較にならないくらい長い期間で働かなければなりません。だったら、何かしら目標を設定してその目標に向かって行動をしなければならないのです。

世の中で3年経ったら1人前だというのなら、自分の中でどういう姿が1人前なのかという定義を決めておけば、その一人前になるためのプロセスを自分で設定することができます。

社会人は、常に自分で目標設定をし、成長していくことが求められます。世の中で3年経ったら立派になっていないといけないと言われるのなら、その3年間の目標を決め、どう過ごしていくのかを決めていく必要があるのです。

未来について考える仮説構築力が身に付き、それに必要な情報収集をするようになる

3年後の目標を立てようと言うとノリで何となく考えてしまうかもしれません。

しかし、本気で目標を立てるためには、3年で何ができるのかということを考え、本当にそれが可能なのかどうか情報収集をして、本当にできるのか検証することでその目標に実現可能性が上がります。

目先の目標を立てるのは、目先のことだけ見ればよいです。

しかし、3年後という長いスパンでも目標を立てようと考えたら、目先のことを見ることも必要ですし、会社の人事制度、3年働いた先輩の情報などに触れるなど、自分のキャリアについて色々多くの情報を収集することになります。

自分の将来の仮説を立て、その目標は実現可能なのかという検証をするだけで論理的思考力や、計画策定能力を醸成させることができるため、実は3年後の目標を突き詰めるだけでビジネスに必要なスキルを身に着けることができるのです。

いつまでも入社3年後のビジョンが見えないならキャリアチェンジするきっかけになる

筆者は、新卒で入社した会社でとにかくダラダラ何の目標もなく働いていました。しかし、このままでいいのかという危機感だけは無駄にあったように思います。

筆者の良くなかったことは、ビジョンがないくせにダラダラ働いていたので、今考えると本当に成長がなかったように感じます。

上述で転職をするタイミングはいつでもいいとお話しましたが、一つの目安として入社3年後の目標がいつまでも見えていないと感じた時に転職を検討していいのではないかと考えます。

3年後の目標について悩むことで、何も目標が見えないということがある程度分かってきたらこのまま働くのは時間の浪費だと判断し、転職するという一つの目安になるのも3年後の目標を見つけるうえでのメリットだと言えます。

転職のする・しないの診断方法については以下も参考にしてください。

転職すべきか否か迷う!誰に相談する? 転職の診断方法2選

まとめ

以上、まとめます。

  • 仕事を3年続けないと転職できないという「3年」という期間にはあまり意味がない。「石の上にも3年」という言葉から準用された数値にしか過ぎない
  • 転職は入社1年目からできる
  • 入社3年後に転職をする必要はないが、入社3年目の目標を立てたほうが良い
  • 入社3年目の目標ができるということは、1人前の定義を自分で描ける
  • 3年目の目標の精度を上げようとするプロセスでビジネススキルを上げられる
  • 入社3年目のビジョンが見えないなら転職をするきっかけになる

仕事を3年しないと転職できないという「3年転職説」というのは一定の正しさはあるものの、基本的には過去のものです。基本的に20代であれば転職ニーズはありますし、30代になってもキャリア層としての転職が可能です。

しかし、世の中で3年後に1人前になるのが理想だと言われている以上、自分のなかの一人前の定義について考え、それを実現するために行動することが重要なのです。

また、3年後の目標が見えないということは、自分の成長が鈍化する要因になります。仕事と言うクリエイティブな世界で一流になるためには、自分が成長でき、将来活躍できると思える環境に身を置く必要があります。

裏を返せば、具体的な目標設定ができるか、できないかで今の会社にいるべきか転職して新しい環境に身を置くべきかの判断ができるということなのです。

3年後の目標をまずは考えてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

関西学院大学卒業、1社目では大手証券会社に勤務  ・8か月でメンタルをやられ休職。 ・証券会社時代はお荷物社員として最低評価を受ける。「こんなひどい評価の奴初めて見た」とまで言われた。 以降、人材ベンチャー、大手転職エージェントに勤務し、2度の戦力外通告を受ける。 現職では、中小の転職エージェントでキャリアアドバイザー兼法人営業で2年連続で社内2位の売り上げを達成。前職退職時の年収450万円→2019年の年収は約1000万円 税金の支払いに苦労してます笑 【人物像】 ・ただの酒好き ・論理・理屈で物を考える 【記事の基本方針】 私のような最強のダメ人間でも、思考力、実力、環境を整備すれば それ相応の成果を出せるということを表現できればいいと思っています。 よろしくお願いします。