仕事をばっくれたらどうなる!?ばっくれたその後の損害賠償や給料は?

仕事に疲れすぎて、もしくは精神を病みすぎて仕事をばっくれたいと思っている方はいらっしゃるのではないでしょうか。

仕事のばっくれは正しいことだと思っている方が多いかと思いますが、もしもばっくれたらどんなことになるのか気になる方も多いでしょう。

そこで、転職エージェントで働く筆者が、もしも仕事をばっくれるとどんなリスクがあるのか、また仕事をばっくれたいときにはどう対処すればいいのかを説明します。

仕事をばっくれるとどんなリスクがある?

まずは、仕事をばっくれた場合に発生するリスクについて説明します。

損害賠償が発生する

仕事は労働契約という「契約行為」です。契約をしっかり履行しなくて、会社に損失を与えら場合は損害賠償請求をされる可能性も否定はできません。

ただ、現実問題として、仕事をばっくれたから損害賠償請求に発展したという話はほとんどありません。

なぜなら、一社員のばっくれにより会社に与える損失は大したものではないし、訴訟費用や期間を考えたら、損害賠償請求をすることがかえって会社の損失に繋がりうるからです。

ばっくれにより多大な損失を出してしまった場合など例外はありますが、ばっくれたから損害賠償請求をされるというリスクはあまり考えなくて良いと言えます。

給料が支払われない

仕事をばっくれると、会社からこれまで働いた分の給料がもらえなくなるというリスクもあります。ただし、普通の会社であれば、ちゃんと出勤した分の給料は払われますのでリスクとしては低いと言えます。

なぜなら、上述でもお伝えしたように、労働というのは「契約行為」です。契約行為である以上、働いた分の給与は支払うというのが法律上のルールとして存在しているからです。

とはいえ、バックレた日の給料は欠勤扱いになるでしょうし、労務管理ができない中小企業であれば支払いを放置されるリスクも覚悟しておくべきであるとは言えます。

解雇される

解雇されることに関しては覚悟していただきたいです。

無断欠勤や遅刻が常態化してしまった場合は懲戒解雇事由に該当すると就業規定に規定されているケースが一般的です。

1度会社をばっくれてそのまま出社しないようであれば会社の懲戒解雇の規程に触れることになり、解雇されてしまうことになります。

1日無断欠勤をしたくらいでは解雇されることはありませんが、ばっくれを継続すれば当然解雇になることは覚悟しましょう。

退職金が支払われない

退職金に関しては支払われないか、減額されることを覚悟した方が良いです。

これは各会社の就業規定によりますが、会社をばっくれて退職した場合、上述の通り、懲戒解雇ということで退職になることが濃厚になりますが、懲戒解雇された場合は退職金を貰えない、もしくは減額と規定している会社が一般的です。

そもそも会社をばっくれるというのは背信行為なので退職金を貰うという発想そのものが間違っていますが、ばっくれ退職の場合の退職金は期待しない方がいいというのが結論です。

今後の転職が不利になる

これについては何とも言えないところがあります。

確かに、普通に転職するより仕事をバックレた時のほうが不利になるとは言えます。ではどんな場合不利になるのかというと以下の通りです。

  • 転職理由の説明を求められたとき
  • 退職証明書の提出を求められた場合
  • 源泉徴収票など必要書類を依頼しづらい
  • リファレンスチェックが求められる場合

基本的に、退職理由を聞かれた時、ばっくれましたという人はいないでしょうし、筆者の経験上退職証明書を入社時に求めてくる会社もそんなに多くはありません。

また、源泉徴収票は確実に提出しなければなりませんが、会社を解雇された時点で会社から自宅に送ってくるケースが普通なのでこのリスクも低いです。

確実にヤバいのはリファレンスチェックをされる場合です。

リファレンスチェックというのは、身分照会を現す言葉で、採用する人がヤバい人じゃないかを前職等の元上司や同僚からヒアリングしたり、採用する企業、もしくはその提携会社が前職の人事に連絡して在籍実績等を確認することです。

日本国内ではあまり推奨されていませんが、外資系企業では割と行われている手法で、リファレンスチェックを実施されるとばっくれの事実が発覚しまう懸念があります。

ですので、ばっくれたから転職は難しいという訳ではありませんがリファレンスチェックのある会社だと面接をクリアしたとしても内定が取れないなど一定の制約が発生することは否めません。

2chの仕事ばっくれスレの振る舞いはNG!社会人としての信用を失う

2chを見ると、仕事ばっくれをゲーム感覚で楽しんでいるスレッドが多く目立ちます。多分当人たちは根性試しとかゲーム感覚でやっているのでしょうが、転職を生業にしている筆者は正直笑えません。

もし、2chの仕事ばっくれスレを見てばっくれて大丈夫、自分もチャレンジしようとか思うのであれば絶対にやめてください。仕事に一番大事な信用を無くします。

昨年筆者は年収1000万ほどを稼ぐプレーヤーになることができました。なぜ自分がそんなに稼げるようになったのか以前考えたことが会ったのですが、その時に出てきたキーワードが信用でした。

クライアントの中には私をNo,1エージェントだと考え、他のどこよりも早く求人の依頼をいただけたり、筆者が紹介する人だからとりあえず面接してもらい内定にこぎつけたりという事例が複数あります。

これは企業の担当者が私に対し信用をしてくれたからこそできたことです。2chの『仕事ばっくれスレ』のようなことを平然と行う人間に対し、果たして信用をしてもらえるでしょうか。

働くという行為は契約、すなわち約束事です。友人との約束をすっぽかす人間は信用できないと思うのと同様に、ビジネスの約束を守れない人間は信用されません。

そして信用されない人にお金は回ってきませんので生涯年収にも響いてきます

以上の点から2chでネタスレ化しているばっくれに対して、行ってはならないNG行為であると筆者は警鐘を鳴らしたいと思います。

どうしても退職ができないなら?

一方で、会社が辞めさせてくれない、辞めようとするや否やプレッシャーをかけてくるなど退職を拒否されるケースが想定されます。では、そういった場合にはどう対応すればいいのかについてお話します。

まずは退職交渉をする

まずは正攻法で、就業規定に合わせて退職の2週間~1カ月前程度に退職を申し出ましょう。

労働契約を結んで働くことになった会社です。契約解除も手順通り行うということが社会人として自身の信用を担保するための重要な行為だと考えてください。

一方的に退職届を出す

しかし、こちらが手順通り契約解除の申し出をしたとしても会社側ははねつけたり、ちょっと待ってと言いながら放置し、なかったことにしようとしたりするケースも想定されます。

そういう場合は、会社側が誠意ある対応を放棄したと考え、一退職交渉を始めた日付にして一方的に退職届を提出しましょう。提出先は直属の上司と同時に配達届けで会社の人事宛に送っておくと良いです。

結局退職交渉日を証明するものは退職届くらいですので、これをちゃんと会社に提出したことを証明して後は堂々と会社を辞めるという方法もあります。

強引な手法なので多用してほしくはありませんが、対策の1つだと認識してもらえたら良いです。

まとめ

まとめます!

  • 仕事をばっくれても損害賠償や給与未払いのリスクは低い
  • ただし、退職金や転職という観点では普通に退職するより若干のリスクはある
  • リファレンスチェックのある会社の場合転職はより厳しくなる
  • ばっくれ退職は自身の信用に繋がることなのでNG
  • ばっくれを考えるほど退職しづらい場合でもまずは正攻法で退職交渉をする
  • それでも退職できない場合は退職届を強引に提出する、退職代行を使うなど力技を使っても良い

ばっくれて仕事をやめるということは損害賠償をされないとか給与未払いのリスクが少ないとかそういう話ではなく、信用を第一としたビジネスの世界に生きる人として絶対やってはいけないことです。

また、信用という意識は、ひいては自身の年収にもつながる大事な問題です。

2chではばっくれスレが乱立していますが、自分の信用を失わないために会社を辞める場合には正攻法で退職交渉を始めるという手続きを大事にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

関西学院大学卒業、1社目では大手証券会社に勤務  ・8か月でメンタルをやられ休職。 ・証券会社時代はお荷物社員として最低評価を受ける。「こんなひどい評価の奴初めて見た」とまで言われた。 以降、人材ベンチャー、大手転職エージェントに勤務し、2度の戦力外通告を受ける。 現職では、中小の転職エージェントでキャリアアドバイザー兼法人営業で2年連続で社内2位の売り上げを達成。前職退職時の年収450万円→2019年の年収は約1000万円 税金の支払いに苦労してます笑 【人物像】 ・ただの酒好き ・論理・理屈で物を考える 【記事の基本方針】 私のような最強のダメ人間でも、思考力、実力、環境を整備すれば それ相応の成果を出せるということを表現できればいいと思っています。 よろしくお願いします。