仕事が決まらないのは当然!50代転職で必要な3つのこと

転職業界では30歳転職限界説、35歳転職限界説というものがあります。50代という世代は転職にとって非常に不利で、仕事が決まらない年齢層です。

実際、筆者は50代の方から面談の希望を多くいただくことがありますが、大半の方に対しては、求人をご紹介できないケースが多いので面談をお断りしています。

その一方で、筆者は数名ですが、50代の方の転職支援を実現させていますし、筆者が在籍している転職エージェントで50代の方の転職支援に成功し、仕事が決まった事例も多いです。

50代の人で新たな仕事が決まるのはかなり大変ですが、それでも仕事が決まる50代の人には共通するポイントがあります。では、50代でどんな人が仕事が決められるのか現役エージェント勤務の筆者が解説します。

50代の方にも見て頂きたいですが、本編を20代、30代前半の方もお読みいただき、自身が活躍できる場所を作ること、今のうちにしっかりとしたキャリアを形成することの重要さを認識してもらえたら嬉しいです。

50代で仕事が決まらない理由

では、50代の人がなぜ仕事が決まらないのかという理由について検証していきましょう。具体的には以下3点の理由があります。

  • 50代は一般企業では部長クラスの年齢
  • 採用のコストパフォーマンスが悪い
  • 若い人と比較して吸収力、順応力、体力がない

では、それぞれ解説を加えます。

50代は一般企業では部長クラスの年齢

転職市場では、年齢が上がれば上がるほど優秀な人しか採用されないと考えてください。

50代の優秀層は一般的に部長クラスになる年齢だと言われています。

50代が採用されるには、部長クラスの経験が必要で、企業の課題を解決できる経験値があり、かつ組織をコントロールできるだけの力をつけておくことが望ましいです。

裏を返せば50代でマネジメントができない人材というのは、転職市場では不利に働いてしまうのです。

採用のコストパフォーマンスが悪い

50代という年代は、採用する側にとって非常にコストパフォーマンスが悪いです。なぜなら、50代の優秀層というのは非常に給料が高いため、とにかくコストがかかるからです。

加えて、50代の方の場合、どんなに長期で在籍しても10年程度で退職となります(嘱託の場合はプラス5年)なので、高いわりに長期的に活躍してもらえない可能性が増えます。

以上の点を考えたら、採用企業はあまり50代の採用に積極的になれないのです。

若い人と比較して吸収力、順応力、体力がない

20代という世代は、まだまだ社会人経験が少ないので、育成が必要になりますが、その代わり採用コストがかからないことに加え、知識を得るための吸収力、組織への順応力が高いうえ、体力もあると採用側はみています。

そのため、育成すれば、コストの割に高い利益につながるケースがあります。

しかし、50代の場合は、給料が高くなることに加え、伸びしろが少ないとみなされるため、多くの会社では積極的に採用しようという方向に向かわなくなります。

該当していないなら転職してはいけない!50代転職で必要な3つのこと

では、50代の転職において必要なこととは何なのか、以下解説をしていきます。

部長クラスの経験

まず、上述でも触れましたが50代の転職において、部長クラスの経験を持っている人は、比較的転職機会を得られやすいです。

なぜなら、上述でもお伝えしたように転職は年齢が上がれば上がるほど優秀層のみが採用される傾向にあります。

企業の課題がマネジメントだった場合、50代というのは非常に企業の採用課題に合致します。多くの会社で部長クラスの採用ニーズがあるわけではないですが、それでも50代の部長経験者の採用ニーズは比較的出てきやすいです。

転職市場で稀有な経験値がある

部長クラスを経験していないから50代で転職をすることができないのかというとそういう訳でもありません。

ただ、転職市場で存在が稀有で、50代でも採用したいという業務経験が必要です。

例えば、筆者は医療機器業界の転職に強いという触れ込みで転職支援をしていますが、薬事職という医療機器を販売するために厚生労働省に申請をするための書類を作成する職種があります。

この薬事職を経験している人というのは、転職市場では少ないという現状があるため、40代後半~50代後半の人も採用されるケースが多いです。筆者が知っている方は15社くらいの経験値のある50代もいらっしゃいます。

かつて、韓国や中国のメーカーが日本メーカーの技術者を高いお金を出して採用したという事例もありました。

50代という年齢的なハンデがあったとしても、企業側が真に採用したいと思える経験があれば、数は少ないかもしれませんが、確実に採用されます。

自分の能力は本当に50代で採用される可能性があるのか、冷静に考えて頂きたいですし、分からないようであれば転職エージェントとの面談を行い、実際に転職できそうなのかを確認しましょう。

50代の場合は、他業界への転職は原則できません。(経理、法務といった管理系職種は問題ありませんが。)そのため、相談の際は業界、職種に強い転職エージェントに相談をすることをおすすめします。

良い転職エージェントの見分け方については以下の記事を参考にしてください。

採用に強くない企業の緊急で採用しないといけない求人へエントリーする

企業の中では、本当は30代後半~40代を採用したいと思っている一方、30代後半~40代を採用しようとすると他社との採用競争に負ける会社があります。

採用緊急性が高い求人の場合は、組織構成さえ問題ないようならば50代に採用ターゲットを切り替えるケースもあります。実際、それで筆者は採用支援に成功した場合があります。

そういう求人に出会う方法としては、転職サイトや転職エージェントに登録して、ひたすらスカウトや求人紹介を待つというのが良いです。

転職エージェントの立場から言えば、50代でも紹介できる求人を採用企業から預かると、非常にテンションが上がるので、自身の経験に会う可能性がある求人は高い確率で声がかかると思っていいです。

50代で転職したいと思っている、もしくはその必要に迫られている場合はとにかく色んな求人にエントリーしようとする人が多いですが、あまり効果ありません。

50代の転職は待つことも重要だと言えます。

50代で会社を辞めた後に転職活動は絶対ダメ!

50代の採用というのは本当にピンポイントです。確かに50代で採用されるケースはそれなりにあるのですが、その裏で面接負けをして仕事が決まらずに離職期間が長期化している人も数多くいます。

そのため、転職活動は会社に在籍しているうちに行いましょう。間違えても会社を辞めた後に転職活動をしないでください。もらえる退職金も減るうえ、仕事を探さないといけないストレスにやられてしまいます。

筆者は仕事が決まらない50代の人を沢山見てきました。50代でしっかりとしたキャリアを構築してきたプライドがあるでしょうが、50代の方は会社にしがみついてでも今のキャリアを守る必要があるのです。

まとめ

以上、まとめます

  • 50代の転職はかなり厳しい!可能な限り転職はしないほうが望ましい
  • 50代で転職できるのは、部長クラス、特殊技能の持ち主、企業の採用課題をクリアできる人材
  • 会社を退職した後での転職活動を行ってはいけない

50代の転職は、相応の能力はもちろんのこと、運の要素も重要なので、20代や30代の転職と段違いに難しいです。

そして、50代で仕事が決まる人は、20代、30代の間に確固たるキャリアを形成してきた人です。この若い世代の間に、自分の道を形成できていないと、50代になって急に転職に成功するなんてことはありえないのです。

50代の方は今できることをやっていただきたいと思いますし、20代、30代の方は40代、50代になった時のキャリアについて真に考えるきっかけになれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

関西学院大学卒業、1社目では大手証券会社に勤務  ・8か月でメンタルをやられ休職。 ・証券会社時代はお荷物社員として最低評価を受ける。「こんなひどい評価の奴初めて見た」とまで言われた。 以降、人材ベンチャー、大手転職エージェントに勤務し、2度の戦力外通告を受ける。 現職では、中小の転職エージェントでキャリアアドバイザー兼法人営業で2年連続で社内2位の売り上げを達成。前職退職時の年収450万円→2019年の年収は約1000万円 税金の支払いに苦労してます笑 【人物像】 ・ただの酒好き ・論理・理屈で物を考える 【記事の基本方針】 私のような最強のダメ人間でも、思考力、実力、環境を整備すれば それ相応の成果を出せるということを表現できればいいと思っています。 よろしくお願いします。