派遣の仕事が決まらないのはなぜ?派遣社員で採用されない5つの理由

派遣社員の仕事が決まらないと焦っている人はいませんか?派遣社員って結構簡単に採用されると思っている方が多いと思いますが、意外と派遣会社の採用って思っているより難しいです。

それでは、なぜ派遣社員での採用が決まらないのか、派遣社員の性質と併せて、現役転職エージェントの筆者が解説します。

派遣社員での就労を目指す人に読んでいただけたら幸いです。

派遣社員を採用する理由

まずは、派遣社員をなぜ採用するのかという理由について言及します。具体的には、以下の通りです。

  • 一時的に人が欲しい
  • 正社員を採用するまでもないが人手が必要
  • 人材を低コストで欲しい

では、それぞれ解説を加えます。

一時的に人が欲しい

人材派遣というのは現状では一般事務等の仕事で働く人が多いというイメージがあるかもしれませんが、元々は一部の技術者(電気・機械系やIT系など)にのみ認められた働き方でした。

そういった技術者の採用ニーズは、新製品の開発等の技術者が一時的に採用したいというニーズが合った場合派遣社員が採用されてます。

転じて、事務系の派遣社員に関しても、現職員の産休、一時的に業務負荷がかかっている場合のワンポイントリリースに採用するという場合に派遣社員が採用されます。

正社員を採用するまでもないが人手が必要

以下のような、正社員を採用するまでもないが人手が必要なケースだと派遣社員の採用ニーズが高いです。

  • 長期で採用するかどうかはともかく、取り急ぎ事務要員が欲しい、
  • 積極的に人材が欲しい訳ではないが、もしよい人だったら将来的にも正社員雇用を検討してもいい(紹介予定派遣など)
  • 若い女性を採用したいが、長期就労できるかを試したい!

派遣社員は原則有期雇用社員、すなわち働く期間が決まって入る採用形態です。(契約社員に似ている)

また、従来の短期就労を目的とした採用もあれば「紹介予定派遣」という、正社員採用前提で採用する形式の派遣社員もあります。

今すぐ正社員での採用予定はないけど、お試しで働いて正社員にすることを判断するというものだとお考え下さい。

短期的な派遣にしろ、紹介予定派遣にしろ、共通しているのは採用意欲がとても高い訳ではないということです。派遣社員には採用確度が高くない採用形態もあると認識してもらえたらいいです。

人材を低コストで欲しい

派遣社員を採用すると、派遣先企業は雇用保険、失業保険、交通費など各種コストがかからないということが特徴で、時給制なので働いていない日の給料の支払いが必要ない、賞与を払う必要がありません。

ただし、2020年4月1日の派遣法の変更があり、その点は後続で説明しますが、原則正社員採用をするよりコストをかけず働いてもらうことが可能なのです。

派遣の仕事が決まらないのはなぜ?派遣社員で採用されない5つの理由

では、派遣での仕事が決まらない要因というのは以下のようなことが挙げられます。一部解決法についても言及しながら解説します。

自身が派遣先企業の採用要件に合致していない

派遣社員に面接をすることは法律で禁じられています。(紹介予定派遣の場合は面接OK)

そのため、派遣社員の面接は「顔合わせ」という表現をし、採用企業、派遣会社、就労希望者の3者が顔合わせに入ります。

顔合わせした就労希望者というのは原則派遣社員として採用をしないといけないのが法的な立て付けですが、実際は顔合わせから事実上の面接落ちがあります。

面接落ちになる要因というのは、PCや英語力など技術的な問題か、人物的な問題のいずれかが該当します。

前者の場合は、長期的に技能を身に着けないといけませんが、後者に関しては、面接技術(厳密には面接ではありませんが)を醸成させておくといいです。

以下は正社員面接を意識して書いた記事ですが、派遣社員の顔合わせにも応用できるので是非ご確認ください。

自身の求める要件が高い

ちょっと失礼な話なのですが、筆者は正社員希望の派遣社員の方と面談をすることが多いのですが、大半の派遣社員の方と面談した後は凄く疲れます。

なぜなら単純に社会人としてのレベルが低すぎて、変な話「こんな人誰が正社員で取るんだ!」とイライラするからです。

ちなみに筆者が過去イライラした事例は以下の通りです。

  • 終始ぶっきらぼう
  • 通勤時間は20分じゃないと嫌だとか言われる
  • 質問の趣旨と違った回答をされる
  • 給料が安いと言われる

しかし、裏を返せば、そういう人でも派遣社員と採用されているのが現状です。

つまり、派遣社員での採用がなかなか決まらない人というのは、めちゃくちゃ自己評価が高い、また人物的レベルが低いわりに要件が高いという可能性があります。

派遣社員も立派な社会人です。社会人としての能力と自分の求める要件が一致していないから「あなたの要求する時給を企業はあなたに出せないよ!」といわれていると理解してください。

自身に対する自己評価を改める必要があると言えます。

良くない派遣会社を利用している

人材系の会社というのは、紹介会社でも派遣会社でもピンキリです。

低レベルな派遣会社を利用していると、大したことのない求人しか紹介されなかったり、そもそも紹介できる求人数が少なくて顔合わせに行けなかったりするというケースがあります。

人材紹介会社(転職エージェント)の利用は複数が望ましいのと同じように、派遣会社も複数利用をして、多くの求人に触れられる環境に身を置くというのが望ましいと言えます。

企業側の派遣社員採用のハードルが上がっている

2020年の派遣法改正により「同一労働 同一賃金」が実現されるようになりました。そのため、これまで派遣社員には支払われていなかった交通費は賞与が払われるようになる、給与改定が行われるなどが求められるようになりました。

そうなると、企業側は派遣社員をローコストで採用できなくなるため、採用要件を上げるか、派遣の募集をそもそも止めようということを考えます。

派遣採用だからと言ってPC技能、面接技能、そもそものインプレッションを上げないといけないのです。

派遣社員は景気によって求人そのものが減る

派遣社員の求人は、景気の悪化に伴い減ります。実際、リーマンショックの時、筆者が働いていた証券会社でも多くの派遣切りが行われました。

派遣社員を切ったポジションに筆者が後任として異動したということがあり、当時の派遣社員たちからは相当にらまれていたような気がします。(仕事ができなかったですし笑)

正社員の求人が景気悪化で減るように、派遣社員の求人も当然減ることになります。

景気が悪い状況の中で派遣社員の求人を探しても、1求人に対する競争率が高くなっているため、なかなか採用されなくなるというのは極めてよくあることだと言えます。

そういった場合は、とにかく自身の収入要件や地域などある程度妥協しながらエントリーする求人の幅を広げるしかありません。妥協も時には必要です。

まとめ

以上、まとめます。

  • 派遣社員を採用するのは、期間限定で人材を埋めたいときか、積極的には正社員を採用したくはないが、人材が欲しいという都合で採用されている
  • 派遣採用がされない要因は、経済環境面、利用している派遣会社の質、自分自身の能力や印象、意識によるものが原因
  • 経済環境面はどうにもできないが、派遣会社の複数利用、自分自身の印象や能力開発によって改善できる点は改善する

派遣採用は結構簡単にされるものだと思っていますが、こうして見ると派遣採用されないケースというのは多岐にわたります。

どうしょうもない理由はありますが、重要なことは自己評価を上げるための振る舞い方をする、自分の立ち位置を理解する、長期的にPCスキルなどを上げ自己成長を促すこと、これしかありません。

そして、これから派遣社員の採用は、派遣法の改定や経済状況に採用数が少なくなってしまう可能性があります。

その一方、働き方改革により、今まで正社員で働くことができなかった女性層が正社員として採用され、育児をしながら正社員として働ける環境が徐々にですが生まれつつあります。また、正社員としての採用ニーズも増えています。

雇用条件や雇用安定性の観点から、正社員で働くことを目指し、そのための自己開発を少しずつでいいので行っていただくことも視野に入れてもらえたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

関西学院大学卒業、1社目では大手証券会社に勤務  ・8か月でメンタルをやられ休職。 ・証券会社時代はお荷物社員として最低評価を受ける。「こんなひどい評価の奴初めて見た」とまで言われた。 以降、人材ベンチャー、大手転職エージェントに勤務し、2度の戦力外通告を受ける。 現職では、中小の転職エージェントでキャリアアドバイザー兼法人営業で2年連続で社内2位の売り上げを達成。前職退職時の年収450万円→2019年の年収は約1000万円 税金の支払いに苦労してます笑 【人物像】 ・ただの酒好き ・論理・理屈で物を考える 【記事の基本方針】 私のような最強のダメ人間でも、思考力、実力、環境を整備すれば それ相応の成果を出せるということを表現できればいいと思っています。 よろしくお願いします。