新しい仕事が見つからない!?転職エージェントが教える20代転職術

20代の方で転職したいのに、転職活動が上手くいっていない人はいませんか?筆者もかつては何度も転職活動に失敗し、最初に転職を決意してから5年間仕事が決まらないという経験をしました。

20代の転職に関しては、決まる人は笑えるくらい簡単に転職できます。一方、転職できない人は笑えないくらい長期化させてしまうという傾向にあります。

では、なぜ20代で転職できない、新しい仕事が見つからない人というのは何が原因なのか、どうすれば転職を成功させ新しい仕事が見つかるのか現役転職エージェント勤務の筆者が解説をいたします。

20代で新しい仕事先が見つからない理由

では、20代で転職が成功しない、新しい仕事先が見つからない要因には何が挙げられるのでしょうか。具体的には以下の要因が考えられます。

  • 求人企業が求めるスキルがない
  • 面接評価が低い
  • 転職先に求める要求が高すぎる

では、それぞれ詳細について解説をいたします。

求人企業が求めるスキルがない

転職というのは、第二新卒枠というスキルの問われないポテンシャル採用がありますが、一般的には即戦力、もしくは即戦力に近い能力のある人を採用するというのが通常の中途採用です。

自身が培ってきた経験というのは、どの業界・職種でも通用するわけではありません。いくら、自身が今の会社や前に勤めていた会社で色々な経験をしていたとしても、その経験を評価してもらえるとは限りません。

転職にはセオリーがあります。

一例として、筆者が担当する医療機器業界の営業職は他業界経験者だと、自動車ディーラー、証券営業出身者などの高額商品を販売する経験者というのが優遇されやすいという傾向にあります。

例外ももちろん多数ありますが、こういったセオリー無視の転職は成功確率が下がります。こういったセオリーがあるのは、各社で過去の採用経験に基づいた成功例があるからです。

自分が単純に「やりたい」、「興味がある」だけでは、採用側は採用に手を伸ばしてくれません。採用側が求める経験に即しているかどうかを冷静に判断して転職活動を進めないといけないのです。

面接評価が低い

経験値が高くても、面接での印象が良くないと採用されません。実際、筆者は経験者採用をメインに支援していますが、業界経験者でも人物面の印象で面接に落ちている人を何人も知っています。

転職エージェントがわざわざ転職希望者の面接をしている理由も人物評価をするためです。

そのうえで、採用される人、採用される可能性がある人、企業には推薦するけど多分採用されない人、そもそも企業に推薦してはいけない人といった形で分別して、どうやって面談した人を売り上げに繋げようかを考えています。

人物評価を上げることも新しいを仕事を決めるうえで重要なポイントです。

転職先に求める要求が高すぎる

最初に大手企業に入社した人にありがちな話ですが、転職先においても考えられないほどの好条件を求める人はとても多いです。

一方で、そういった好条件の求人には、それだけ人が群がります。結果、面接評価が悪くなかったとしても、もっと評価の高い人がたくさんいたら、面接を勝ち抜くことができません。

また、筆者が面談する人で根拠もなく、転職先に求める条件に年収100万円UP、200万円UPといったことを言う方がいます。また、市場評価と自己評価の乖離(かいり)があるケースも見受けられます。

そういう無駄に自己評価だけ高い人を採用企業は好まないので、転職が成功して新しい仕事が見つかるわけがないのです。

新しい仕事が見つからない人必見!転職エージェントが教える20代転職術

では、20代の転職を上手くいくようにするためには何が必要なのか、ご紹介をします。

論理的に転職先のターゲットを決める

20代で転職先をあっさり決める人の転職先のターゲット選定は非常に上手です。

逆にやみくもに色んな業界を受けている人はなかなか決まらないですし、決まっても長続きしない傾向にあります。

では、転職先のターゲット選定をどのようにしていくかということですが、以下の内容を押さえると良いです。

  • やりたい仕事よりできる仕事、自身の経験値を生かせる仕事を選ぶ
  • その仕事をできるという根拠がある
  • 転職先の業界は1つに絞り込む
  • 仕事内容をきっちり理解する

新卒の就活では「志望動機」を聞かれますが、その志望動機に関しては「やりたい」を前面に出すケースが多いですが、中途採用に関しては「できる」ほうが重要です。

なぜなら、中途採用は採用してから成果を問われるまでの期間が短いです。実際、筆者が過去在籍した会社では入社3ヶ月目で売り上げ目標がつけられました。

つまり、業界にもよりますが、中途採用者とは早い段階で成果が求められるため、より適性が重視されます。

適性を示すためには、過去の働き方から「得意なこと」をエピソードトークに交えて伝えることが大事です。経験者のほうが採用されやすいのも、単純に仕事の仕方から成果に結びつけるイメージをしやすいからです。

できることから考えると、必然的に活躍できる業界が絞られてきます。その中からやりたいこと、やりたくないという軸で絞り出していけば自ずと目指す業界というのが絞られてきます。

ということは、面接に受かるためには「できる」証明をするため、志望企業の仕事理解をしておくことが非常に重要なのです。裏を返せば仕事内容を理解するためには多くの業界を受けられないという事実もあります。

「やりたい」だけでは採用されないのです。

筆者も28~29歳で転職をしたとき、自分のできることがちゃんと説明できず30社ほどの面接に落ち続けました。明確な根拠をもって「できる」証明を面接で表現できていないことが1つの大きな要因だったと感じています。

面接評価を上げる

面接評価を上げるためには、何が必要なのかというと以下の通りです。

  • 1にも2にも清潔感
  • 明るくはっきり話す
  • 話は的確かつ簡潔にまとまりを持って話す
  • 熱い人より冷静に話す人の方が好感を持たれる

清潔感、明るく話すというのは面接で言われるセオリーなのでここでは説明を省きます。

筆者が転職面談をしていて、人物評価の高い人は、質問に対して的確に回答できていて、話が簡潔でまとまりのある人です。裏を返せば、一番言いたいことが何か分からない人は、正直話を聞いていてうんざりします。

電話面談の際、あまりにも話のまとまりがない時は話の要点を確認しながら漫画を読んでいる時すらあります。(言わずもがな本当はダメです。)

それだけダラダラ話す人は、評価が低いです。そういう人に対して筆者が面接指導する際は、文章にして2行で話す、一番言いたいことは頭出しにするということを徹底させています。

本編の読者においても、是非この「2行トーク」と「言いたいことの頭出し」は身に着けて頂きたいです。

また、筆者が面接に落ちまくった時、意外と多かった評価は「熱すぎる」でした。熱すぎる人は、半ばまくしたてて力を入れて話す傾向にありますが、聞く側は鬱陶しいと感じるものです。

淡々と、笑顔で卒のない話し方をしつつ、大事な話は多少熱く話すくらいの強弱をつけて話すと案外評価は上がるものです。少し高等技術かもしれませんが面接の時は肩の力を抜いてコミュニケーションを取りましょう。

面接の際は間違っても独演会にならないよう、会話を心掛けてください。

面接技術の向上に関しては以下の記事を参考にしてください。

自身の転職市場価値を認識する

これに関しては、転職エージェントに紹介される求人数と内容を見てください。転職市場の低い人に多くの求人は紹介されないですし、待遇を見ればおおよその市場価値が分かります。

また、書類選考通過率、面接合格件数なども見るといいです。面白いほど自身の転職市場の価値が分かります。

筆者の担当している転職希望者で1年以上正社員採用をされていないのに「生活できない」などの理由で、希望年収よりはるかに低いオファーであることを理由に事実上の内定を辞退した人がいました。

気持ちは分からないでもないですが、でもその人の評価なんてそんなものなのです。大事なことは目の前の年収や、会社の規模ではないのです。与えられた環境で与えられた成果を出した人こそが市場価値が高い人なのです。

20代でやたらと高年収、好条件にこだわる人が多いですが筆者の感覚ではその8割の人に希望する年収・条件に合致する人はいません。自分の適正な価値診断をしましょう。

まとめ

以上、まとめます。

  • 面接に落ちる理由は・技能面、印象面、自己評価と市場価値の乖離にあり
  • 転職先の選定は「やりたい」より「できる」が重要
  • 見た目、話し方、精神的余裕が面接評価を上げる秘訣
  • 自己評価と市場価値の乖離は転職エージェントの対応、面接実績などから認識しよう

転職面接は非常にシビアです。その会社の役に立つか立たないか、自分の能力に対して年収をいくら提示してくれるのかなどを合格・不合格とリアルな数字で出してきます。

転職すれば年収が上がる、ハッピーになるなんて言葉がTVの宣伝文句で出てくるかもしれませんが、仮にそうだったとしても転職を成功するまでシビアな結果が目の前に出されます。

そんなシビアな転職の世界で転職面接を通過し、新しい仕事を見つけるためには「現実と戦う」、「今の自分を正しく評価する」というこの2つに尽きると思います。

自分の現実と向き合ったうえで新しい仕事を慎重に探してもらいたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

関西学院大学卒業、1社目では大手証券会社に勤務  ・8か月でメンタルをやられ休職。 ・証券会社時代はお荷物社員として最低評価を受ける。「こんなひどい評価の奴初めて見た」とまで言われた。 以降、人材ベンチャー、大手転職エージェントに勤務し、2度の戦力外通告を受ける。 現職では、中小の転職エージェントでキャリアアドバイザー兼法人営業で2年連続で社内2位の売り上げを達成。前職退職時の年収450万円→2019年の年収は約1000万円 税金の支払いに苦労してます笑 【人物像】 ・ただの酒好き ・論理・理屈で物を考える 【記事の基本方針】 私のような最強のダメ人間でも、思考力、実力、環境を整備すれば それ相応の成果を出せるということを表現できればいいと思っています。 よろしくお願いします。