仕事の悩みを相談したい!上司に悩み相談をするために必要な3つのこと

仕事の悩みは尽きないですよね?筆者もこの文章を書いている今、売上が上がらなくてどうすればいいんだ・・・なんて悩みを抱えながら仕事をしています。

そんな時、頼りになるだろう人は上司です。(頼りにならない上司もいますが・・・)上司に悩みを相談して、自分の仕事の悩みを解決したい、もっといえば成果を出したい、そう思っている人はいるのではないでしょうか。

一方で、なかなか上司に悩み相談をしていいタイミングが分からないという人がいますよね?そこで社会人経験15年目で転職エージェント勤務の筆者が上司への相談の仕方について解説いたします。

上司に相談するメリットは?

まずは上司に相談をするメリットについて解説します。具体的には以下の通りです。

  • 上司は自身の業務を客観的に見ている
  • 上司は自身よりはるかに経験値が違う
  • 自分以外の仕事を見ているので、成功している人とそうじゃない人を理解している

では、具体的な説明を加えます。

上司は自身の業務を客観的に見ている

上司の仕事と言うのは、事例が分かりにくいかもしれませんが、箱根駅伝の伴走車に乗って指示を出している駅伝監督みたいなものです。

そう考えると、上司は、ただ偉そうに業務の指示を出すことが仕事ではありません。自身の業務を客観的に見て、必要なアドバイスを加えながら、目標達成のために配下の社員のサポートをするのもまた仕事です。

つまり、上司は自身の業務を全うしているのであればあなたのことを客観的に見て、改善点を理解しているはずです。

客観性のある人の言葉というのは、非常に自身にとって役に立つことが多いです。ましてや、同じ業務を行っている人であればなおさらですよね。

上司は自身よりはるかに経験値が違う

最近の課長クラスの人というのは、就労年数が漠然と長いだけではなれません。一定の優秀層であることが認められて課長になるケースが多いです。

つまり、課長というのは優秀なプレイヤーだった人なので、自身より経験値が豊富で実績の出し方、仕事を継続させるモチベーション維持の方法など、あらゆることを知っています。

病気のことは医者に、法律のことを弁護士に聞くと言ったように、分からないことは有識者に聞くのが最善の解決法です。

自分の仕事に対して、一番身近にいる有識者が上司だと認識すると良いです。

自分以外の仕事を見ているので、成功している人とそうじゃない人を理解している

業務分担、管理、指導が上司の主な業務です。

配下の社員の成果をコンスタントに出させるのが上司の仕事なので、まともな上司は常に社員の動きに心をくばっています。

そのため、成果を出せている人、そうじゃない人の違いについてある程度把握しています。

客観的に見た成功例と失敗例、そこからどういう風に業務を修正していいかを考えるにあたって、上司への相談は有効です。

上司に悩み相談をするために必要な3つのこと

とはいえ、忙しい上司に相談をするのは気が引けるし、どのように相談を切り出せばいいのか分からないという人にどうやって相談をするのかを解説します。

原則相談は早めに行う

「報告」、「連絡」、「相談」は「ほうれんそう」と呼ばれ社会人の基本とされています。そして、「相談」は特に重要です。

仕事に正解はありませんが、仕事をする上でいくつかの選択肢が生まれるケースがありますし、そもそも仕事のことで分からないことも多いのではないですか?

そういう時は、「すみません、相談なんですけど」と単刀直入に伝えましょう。

上司はどんなに忙しくてもあなたの相談を待っています。忙しければ、上司から「ちょっと待って」と言われるだけです。

もし、相談した時に「忙しいんだよ!空気読め!」なんて言ってくる上司は無能ですので、無能な上司として扱いましょう。他の人に相談したほうがマシです。

最近でこそ筆者は、全部自分の権限で仕事をしていますが、30歳を過ぎても、上司に「すいません、1点相談をしたいんですけど」と良く話しかけていました。

どれだけ仕事ができるようになっても、キャリアを積んでもビジネスマンは上司に相談します。そして、仕事ができる人こそ上司に相談をします。

こんなこと相談していいのかな?なんて考えていることは無駄です。仮にくだらないと思っている相談でも、案外重要なことがあります。慣れるまでは、とにかく早めに相談しようというマインドを身に着けてください。

仕事の「ほうれんそう」については、以下の記事でもご紹介しています。参考にしてください。

仕事ができる人は「ほうれんそう」が上手!上手な「ほうれんそう」のやり方

相談は端的に

ただ、上司が忙しいのも確かなので、相談の仕方は考えましょう。コツは以下の通りです。

  • 基本は上司がバタバタしていない時に相談をする
  • 緊急性の高い相談は緊急性を伝え、忙しそうなときでも相談する
  • 相談は端的に、話をまとめてから
  • 相談する内容は、理解できていないこと、判断すべきことの2つに集約される

端的に相談と言われても、どうすればいいのか分からないという人は以下のフォーマットで話してください。

  • 相談事のテーマは何か
  • 相談事の詳細
  • 事実報告

文章にすると、以下のようなイメージです。(転職エージェントの仕事で事例を作らせていただきました。)

相談事のテーマ:「課長、A社の件について相談してよろしいですか?」

相談事の詳細:「A社から、人材を採用したいということで連絡を頂いたのですが、ベテランの即戦力を採用すればいいのか、若手の育成層を採用したいのか迷っているみたいなので、どういう提案をすればいいのか相談させてください。」

事実報告:「なぜ、この2つで迷っているのかというと・・・・・」

みたいな感じです。話がコンパクトにまとまっているので、相談される側は非常に話が理解しやすくなります。

上司は忙しいので、簡潔に、かつ分かりやすい相談ができるようにトレーニングしましょう。

時間のかかる相談は、ランチに誘うなり会議室に誘導する

仕事のピンポイントの相談は、その場ですればいいですが、自身の悩みを聞いてもらいたい、少し話が長くなる場合は、ランチに誘う、「少し時間良いですか?」と会議室に誘導するなどして時間を作ってもらいましょう。

まともな上司であれば、部下が困ったことに対して真摯に耳を傾けてくれるはずですし、忙しい場合でも邪険な対応はしません。

ちゃんとした上司にとって一番つらいことは、部下が自分の下でのびのび働き、成果を出せず悩み、挙句会社を辞めてしまうことです。

相談しないことより、相談してもらう方が上司にとってはありがたいということを認識してください。

まとめ

以上、まとめます。

  • 上司は仕事において客観的に自分を見てくれている有識者
  • 分からないこと、判断できないことはとにかく相談しよう
  • 上司は部下に相談してほしいと思っている
  • 簡潔に分かりやすい内容で相談しよう
  • 少し時間のかかる相談については、ランチや会議室に誘うようにして相談をする

筆者も若い頃は、上司への相談についてためらうことが多かったです。しかし、上司にとって相談をためらわれることは、自分の仕事ができなくなってしまうので困るのです。

それなら拙い、しょうもない相談でもいいので、自分が疑問に思っていること、相談したいことがあれば上司に相談をしましょう。

もし、自分が相談をしてどやされるようなこと、邪険に扱われるようなことがあればその上司のことを「無能上司」と思ってもらっていいです。

その時は別の人に相談をするなり、どうしょうもないなら働く環境を変えてもいいかもしれません。

とにかく大事なことは、相談することを恐れない、すぐじゃなくてもいいので相談するためのスキルを身に着ける、この2つのことが大事だと考えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

関西学院大学卒業、1社目では大手証券会社に勤務  ・8か月でメンタルをやられ休職。 ・証券会社時代はお荷物社員として最低評価を受ける。「こんなひどい評価の奴初めて見た」とまで言われた。 以降、人材ベンチャー、大手転職エージェントに勤務し、2度の戦力外通告を受ける。 現職では、中小の転職エージェントでキャリアアドバイザー兼法人営業で2年連続で社内2位の売り上げを達成。前職退職時の年収450万円→2019年の年収は約1000万円 税金の支払いに苦労してます笑 【人物像】 ・ただの酒好き ・論理・理屈で物を考える 【記事の基本方針】 私のような最強のダメ人間でも、思考力、実力、環境を整備すれば それ相応の成果を出せるということを表現できればいいと思っています。 よろしくお願いします。