仕事がつまんない時は転職?転職する前に確認すべき5つのポイント

仕事がつまんないと毎日惰性で会社に行っている人はいませんか?筆者もかつて仕事がつまんないと毎日死んだ顔をして会社に出勤していました。

しかし、それは非常にもったいない時間を過ごしています。仕事に前向きに取り組めるようになることで、仕事ができる人になります。また、仕事ができる人になれば自分に自信を持つことができ、プライベートも充実します。

仕事を楽しめとまでは言いませんが、仕事に対し前向きになり、充実させることは自分にとって大事なのです。

そう考えると転職すべきなのかと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、安易な転職は危険です。

そこで、本編では、仕事がつまんないから転職する前に、考えて欲しいことを現役転職エージェント勤務の筆者が自身の経験を踏まえながら解説します。

20代で仕事がつまらないから転職をしよう!と考えている人にぜひお読み頂きたいです。

仕事がつまらない要因とは?

では、なぜ仕事がつまらないのと感じてしまうのか、その要因について確認をしていきます。

具体的には以下の通りです。

  • 自分が思い描いていた仕事と違った
  • 給料が安い
  • 頑張っても評価されない
  • 会社の人間関係が悪い
  • 周囲の人のレベルが低い
  • やることがない、暇
  • 仕事が単調
  • 疲労が蓄積してやる気が起きない
  • 仕事ができない

上記の内容を見ると、仕事をつまらないと感じる要因として、「仕事内容」、「給与・条件面」、「人間関係面」、「体調・精神面」、「仕事ができない」の大きく5つに分類されるということが分かります。

仕事がつまらない場合、転職する前に確認すべき5つのポイント

では、仕事がつまらないなら、転職をする前に見つめなおしたい5つのポイントについてご紹介します。

20代で年収アップを目的とした転職はしないほうがいい

筆者は転職エージェントとして無駄にお金にこだわる人が多いと思います。それはある意味普通のことですが、よほど給与が低い会社でないなら、外資系に行かない限り年収はあまり上がらないと考えてください。

どうしても年収を20代で上げたければ、外資系企業に転職することをおすすめします

実力が上がれば30代~40代で劇的に年収が上がります。今の会社に居続けても年収が上がるイメージがないなら、今転職しても30代で転職しても良いですが仕事の実力をつけていくことを第一に考えることが大事です。

20代大半の年収アップを求める人は会社が人材育成にお金を使っていることをちゃんと認識してください。結婚したとか自分の都合ばかり考える、人のことを考える力がない人はビジネスの世界では大成しません。

年収アップをさせるための習慣については下記の記事を参考にしてください。

仕事内容にはこだわろう!

仕事内容がつまんないと思っている人は、今の仕事に対して面白さを見出すか、転職をして新しい仕事にチャレンジするかのいずれかが良いです

実際、筆者は元々証券会社で働いていて営業職→企画系→事務職→企画系→営業職と1つの会社で色々な職種を経験し、最初は一番嫌だった営業職が一番自分自身の適性に合っていると感じました。

しかし、証券会社のビジネスモデルに限界を感じたこと、顧客に対して良いと思えるものを販売できないということを感じて人材業界の門を叩きました。結果、時間はかかりましたが、自分のやりたい仕事をできているように感じています。

今すぐ転職をせず、あえて今の仕事を継続して面白さを見出すのも良いですし、仕事内容がフィットしていないと感じているのならば、失敗の可能性がありますが、思い切って環境を変えた方が成功に導きやすくなると感じています。

仕事選びについては、以下の記事を参考にしてください。

好きな仕事と得意な仕事のどちらがいい?仕事選びで考えるべきこと

人間関係は原則仕事に関係ない!人間関係が足を引っ張る仕事なら転職すればいい!

人間関係を理由に仕事がおもしろくないと感じている人がいるかもしれません。確かに仕事は人と連携することが多いですし、上司がどうしようもないと仕事がやってられなくなってしまうのも事実です。

ただ、仕事は原則自分のことを考えておけば良いです。人のことをかまう前に自分の仕事を全うすることだけ考えておけば、自身の実力が付きます。

結果、その中で自分の存在感を会社で出せるようにしておけばいいのです。

ただし、上司や同僚が足を引っ張り、自身の手柄を横取りするような場合はその環境にいてもくすぶり続けるだけになってしまうので転職を視野に入れるといいです。

仕事の人間関係については、以下の記事を参考にしてください。

仕事仲間がいない!仕事の人間関係を気にせず働くために

体調や精神面でほどほどの刺激があることが望ましい

仕事において大事なことは継続性です。会社が長時間のサービス残業を強いるような環境で働いても、その会社で長期的なキャリアを形成することは困難だと考えましょう。

仕事にはそれなりに修羅場を経験しておくこと、厳しい環境に身を置くことも大事です。敢えてそういう環境に身を置くことも悪いことではありません。

ただ、筆者の感覚で言えば、そういう環境に居続けて体がもつのはせいぜい5年です。とても厳しい環境に身を置くのであれば期限を決めて、在籍すると良いです。

長期的に働ける環境というのは、常に何かしらの目標設定のできる会社ではあるものの、長時間残業やムリなビジネスモデルを設定しておらず、社員の負荷を考えながらチャレンジできる環境を設定している会社で就労しましょう。

環境は非常に大事です。ぬるすぎる環境で働き続けていてはこれからの激動のビジネス界で戦っていけませんが、劣悪な環境であれば体や精神に限界をきたしそもそも働けないという状況が続きます。

ちょっと厳しい、辛いと思えるような環境を探していきましょう。

仕事が辛い時の対処法については以下の記事を参考にしてください、

毎日吐き気がする、眠れない!仕事に死ぬほど行きたくない時の対処法

仕事ができない

仕事がつまんないと思う最大の要因は、仕事が思うように言っていない、仕事ができていないからです。

仕事ができていない要因は、そもそもの適性がないのか、考えて仕事をする習慣ができていないので、成果が運任せになっているのかいずれかだと考えてください。

もし、そもそも適性がないのであれば、自分の適性について見直すべきです。その1つの改善方法としては転職が挙げられます。

考えるという習慣がないのであれば、仕事を成功するための考え方についてしっかり身に着ける必要があります。

30代になって、考えて行動する力のない人は、どんなに高い経験値をもっていようが転職面接に受かることは難しいです。

自分のミッションは何なのか、そのミッションを果たすために何をしなければならないのか、変なバイアス(偏見)をかけて仕事をしていないのかなど自分の頭でしっかりと考えて仕事をするようにしましょう。

仕事ができないことに悩んでいる方は以下の記事も参考にしてください。

まとめ

以上、まとめます。

  • 仕事がつまんないと感じてしまう要因には、「仕事内容」、「給与・条件面」、「人間関係面」、「体調・精神面」、「仕事ができない」という5つに分類される
  • 今すぐ年収を上げようとしない!能力が高ければ30代で年収は飛躍的に伸びる
  • 仕事の内容にはこだわろう!興味のない仕事を継続するのは時間の無駄
  • 人間関係を気にしすぎない!自分の仕事に集中することを第一に考える
  • 肉体的、精神面を追い詰めすぎず、一定の刺激があることは望ましい!ハードな環境に身を置く場合は期限を決める
  • 仕事ができないこと=仕事がつまんない大きな要因!適性がないのか、考える習慣がないのかを見極めよう!

仕事がつまんない要因というのは実は大きく5通りに分けることができます。自分の仕事がつまんない理由はどの要因に当てはまるのかをまずは確認をしてください。

そのうえで、やるべきことは、「我慢」、「仕事週間・考え方の改善」、「転職」のいずれかです。

最近は転職産業が発達しているため、仕事に対する不満を感じると転職にシフトしようとする人が多い現状があります。

確かに転職をすることで仕事の不満を改善することはできます。しかし、自分が買われていないと最終的に転職を繰り返してしまうことになり、何のスキルもないまま30代、40代を迎えてしまうことになります。

仕事が不満だからと言ってすぐ転職するのはやめましょう。転職をすべきなのか、そうではないのかをしっかり考えたうえで自身にとってもっとも良い選択をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

関西学院大学卒業、1社目では大手証券会社に勤務  ・8か月でメンタルをやられ休職。 ・証券会社時代はお荷物社員として最低評価を受ける。「こんなひどい評価の奴初めて見た」とまで言われた。 以降、人材ベンチャー、大手転職エージェントに勤務し、2度の戦力外通告を受ける。 現職では、中小の転職エージェントでキャリアアドバイザー兼法人営業で2年連続で社内2位の売り上げを達成。前職退職時の年収450万円→2019年の年収は約1000万円 税金の支払いに苦労してます笑 【人物像】 ・ただの酒好き ・論理・理屈で物を考える 【記事の基本方針】 私のような最強のダメ人間でも、思考力、実力、環境を整備すれば それ相応の成果を出せるということを表現できればいいと思っています。 よろしくお願いします。