仕事を辞めたいけど辞めると言えない!こんな時どうする?

仕事を辞めたいけどなかなか職場に告げられないことってありますよね。筆者も新卒で勤めた会社を辞めると伝えたときは非常に緊張した記憶があります。(2回目、3回目は事実上のクビなので楽でしたが笑)

では、あらゆるケースを想定して、どのように退職交渉をしていけばいいのかを転職エージェントで働く筆者がお話ししたいと思います。

退職に関する法的なルールを知っておこう

まずは退職に関する法的なルールを知っておきましょう。

期間の定めのない雇用契約の場合

正社員や一般的なアルバイト(クリスマス限定など期間限定などを除く)の場合は、期間の定めのない雇用契約となります。

この場合は、民法という法律では、退職の2週間前に申し出れば退職できると定められています。

ただし、色々な会社の就業規則によると、退職の1か月前には申し出るようにと記載されているパターンが一般的です。

基本的に法律が優先されるケースが大半なのですが、有給休暇の消化や引継ぎをやらなければならないケースが多いので1か月という社内規則に対しては従った方がしこりを残さず辞めることができます。

滅茶苦茶な社内規則や言いがかりには対抗しよう

ただし、中には3か月、半年辞めさせてくれないというパターンがあります。これに対しては抗いましょう!

なぜなら、次の転職先が決まっている場合1か月~1.5か月くらいで次の会社に入社するのが一般的です。

しかし、入社まで3か月や半年待ってほしいなどと次の会社に伝えた場合、下手すれば即時内定取り消しです。

前の会社に義理立てて新しい行先との契約関係を反故にするのはあまり賢いやり方とは言えません。そのため、筆者は退職時期で揉めそうな人には事前に引継ぎをやりやすいように準備をさせます。

なぜなら、退職交渉時に会社側から「引き継ぎに3か月はかかるだろう」と言われたら「かかりません。なぜなら~」と対抗できる策を作っておけば、雇用側は感情論を持ち出すか「分かった」としか言えなくなるからです。

退職を3カ月や半年前に伝えよと就業規則に書いている場合は、法律違反なので無効です。その場合は「法的に無効」だと言えばまともな会社なら理解します。

まともじゃないなら退職代行サービスを使ってもいいですし、労働相談情報センターなどに行くのもいいでしょう。

ただ、筆者が知る限りそこまで大ごとになったケースは見たことがありません。(本人が会社側との交渉を嫌がって退職交渉を辞めたケースはあります)

法律に基づいて、非合理的なものには従わない、このスタンスが重要です。

期間の定めのある雇用契約(有期雇用)の場合は原契約日まで退職できないのが原則

派遣契約や契約社員のように就労期間が決まっている労働契約の場合は、その期間まで働かなければならないというのが法律で決まっています。

ただし、正社員採用が決まったなどの場合は、何だかんだで理解を示してくれ、契約満了日前の退職を承認してくれる場合が多いです。

転職エージェントを使っている方は担当キャリアアドバイザーに、派遣契約の方は派遣会社のコーディネーターに相談してみると良いです。

パートの仕事を辞めたいのに言えない時はどうしたらいいか

さて、辞められないあらゆる状況を想定してアドバイスをしていきたいと思います。まずはパートの退職についてからです。

無機雇用契約なら2週間くらいで辞めてしまおう

パート契約を辞めたいとするのは業務環境なのか、人間関係なのかは分かりませんが一番辞めやすい労働契約です。悩む必要はありません。パーッと?辞めてしまいましょう。

ただ、シフト勤務の方の場合は、シフトの途中で抜けるというのは社会人として非常識なので迷惑をかけないタイミングで辞めると言えばいいです。(たまにバックレる非常識な人がいますがこういうレベルの低いことはやめましょうね)

裏を返せばシフトに影響を与える前であれば大抵の場合そのままOKされると考えて良いでしょう。(パートってそんなに引き止められたりしないです。)

ルールと最低限のマナーさえ守れば職場に義理立てて自分の時間を犠牲にする必要はありません。悩むことすら時間がもったいないと思いましょう。

有期雇用契約でも意外と辞められたりする

派遣バイトのような有期雇用契約の場合は、契約期間を全うしないといけないというのが原則です。

ただし、理由をちゃんとでも言えば大抵辞められます。特に正社員採用が決まった場合は割と祝福されて辞められるケースもあるようです。(派遣をやっている人間が言っていました。)

こちらも同様に、シフトに穴を出さないなど最低限のマナーだけ守って退職を申し出ればOKです。誠意をもって雇用側に辞めると伝えましょう。

職場の人手不足を理由に仕事を辞められない場合どうすればいいか

次に人手不足を理由に辞めないでと言われた場合の対応をお伝えします。

人手不足とかは雇用側の都合!無視していい

はっきり言って人手不足とかは雇用側の都合であり、労働者がそれに左右される必要はありません。2週間なり1か月なり期限を守って言えばあとは淡々と辞めてOKです。

人手不足な状態なのに対し、辞める労働者は悪くありません。人手不足を解消しよいとしない、もしくは働きたいと思える人を増やす努力をしていない雇用先が100%悪いです。

人手不足だから辞めるなという企業努力を怠慢している行為に情で付き合う必要はありません。時間の無駄です。働くことは契約行為です。ルールに従って対応すればいいのです。

どうしても断れないなら次の職場に行くスケジュールを伝えよう

どうしても残ってくれと言われたら、具体的な期日を提示し、この日に次の会社(職場)に行くと伝えたと言い切りましょう。

繰り返しますが基本的には会社を辞めると言ったら、法律上は2週間、社会慣習的にも1か月で退職できるというのはもはや世間の常識です。

そのため、雇用側から筋を通せと言われるかもしれませんが、法の筋を通している以上交渉の仕方としては特段問題はありません。

引継ぎに時間がかかるというのならば、引継計画を早めに作っておいて、さっさと引き継ぎをしたら良いだけです。ルールにのっとって期限を雇用側に言って、期限が来たら会社を辞める、次の会社に行くくらいの認識でOKです。

雇用側が強硬手段に出てきたらこちらも強硬手段を取ろう

ちゃんと合理的に話しても、こちらの意図した期限で退職をさせてくれないケースもあります。そういう場合は、退職届を出してしまえばいいです。

先ほどからお伝えしたように、民法上、最低2週間前に会社に伝えれば会社は辞められるというルールになっています。そして退職届を出した日というのが、会社に退職を伝えた日とみなされやすくなります。

そのため、退職届を2通作っておいて、1通は上司にそのまま出す、もう1通は会社宛に配達記録をつけて退職届を出せば、会社に退職の意志を伝えた証明ができるので、そこから2週間~1か月経過の後会社を去ればいいです。

それでもだめなら退職代行に一任してしまえば良いでしょう。

ただし、ここまでの強硬策を取らないといけないケースはあまりないと言っていいです。基本的に円満で辞めることをおすすめしたいので、この退職届を一方的に突きつける方法は最終手段だと思っておいてください。

仕事を辞めたいのに家族に反対されるから言えない・・・

家族に退職を反対されるケースも珍しくありません。では、対処法について説明します。

家族が退職を反対する理由は以下の通りです。

  • 年収が下がる
  • 転居が必要
  • 会社の社格が下がる
  • 簡単に転職をすることへ違和感を示す

転職で一番難しいことは配偶者の理解を得ることです。そのため、会社を辞める、転職をすると決めた時点で家族には相談しましょう。

配偶者から転職を反対される大抵の反対理由は年収と勤務地です。裏を返せば、ここがクリアできていれば大抵の転職は反対されません。反対されないよう事前にネゴシエーションをしておけば良いです。

ただし、大企業に勤めている人は、その会社の看板に配偶者や親が魅力を感じている時は、その限りではありません。その転職にメリットがある理由をしっかり伝えましょう。(今の会社にいても出世できないから給料が上がらないなど)

また、親世代は転職を簡単にすることに対して色んなことを言ってくるかもしれません。ただ、親のコネクションで勤めた会社ならともかく、そうじゃないなら事後報告で十分です。(筆者の転職に関し親への報告は全て事後報告です)

昔と今では転職の考え方は全然違うため、親の中途半端なアドバイスは邪魔でしかないです。それなら複数の転職エージェントに相談した方がよっぽど的確なアドバイスをもらえます。

家族から転職の相談をされる場合は、配偶者の理解を得るための事前相談、親からの意見はなるだけ排除するということを徹底しましょう。

yahoo知恵袋に会社を辞めたいのに言えないと相談したがいい回答がない

最後にこんな悩みもありますので回答したいと思います。

結論から言います。無駄です。確かにyahoo知恵袋では素晴らしい課題解決をしてくれる人もいますが、所詮は無名の掲示板です。良くて参考程度に扱いましょう。

100歩譲っていいアドバイスをもらえたとしても、質問する本人が欲しい回答は決まっているので、それ通り応えてくれなかったらいい回答と思わいでしょう。アドバイスは信用、信頼ある人からもらうのがベストだと言えます。

そういう観点で言えばピンキリまでの人がいますが、yahoo知恵袋に頼るくらいなら転職エージェントのキャリアドバイザーに相談する方がスピーディーに的確なアドバイスをくれる可能性が高いと言えます。

転職相談については信頼できるキャリアアドバイザーが一人いると全然違いますので、そういうアドバイザーを見つけておきましょう。

まとめ

まとめます

  • 正社員もパートも最短2週間後には職場を辞められる
  • パートは最も辞めやすい雇用形態!ルールだけ守って早々に辞めよう
  • 人手不足は雇用側の都合であり、労働者が汲み取る必要のない問題
  • 会社を辞める、転職する際は事前に家族(特に配偶者)には相談する
  • yahoo知恵袋より頼りにしたいのは転職エージェントのキャリアアドバイザー

安易な退職、転職は基本的にすすめませんが、会社を辞めると言い出せなくて時間を無駄にするのはもったいないことです。

家族以外に対してはルールを守ったうえで自分本位になって構わないです。辞める理由があるなら情に流されず、手順を守って淡々と決断していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

関西学院大学卒業、1社目では大手証券会社に勤務  ・8か月でメンタルをやられ休職。 ・証券会社時代はお荷物社員として最低評価を受ける。「こんなひどい評価の奴初めて見た」とまで言われた。 以降、人材ベンチャー、大手転職エージェントに勤務し、2度の戦力外通告を受ける。 現職では、中小の転職エージェントでキャリアアドバイザー兼法人営業で2年連続で社内2位の売り上げを達成。前職退職時の年収450万円→2019年の年収は約1000万円 税金の支払いに苦労してます笑 【人物像】 ・ただの酒好き ・論理・理屈で物を考える 【記事の基本方針】 私のような最強のダメ人間でも、思考力、実力、環境を整備すれば それ相応の成果を出せるということを表現できればいいと思っています。 よろしくお願いします。