仕事が無い時はどうすればいい?暇な業務時間の過ごし方5選

仕事でやることが無い、暇だという人はいませんか?筆者も若い時、暇な仕事を経験したことがありますし、2020年の新型コロナウイルス流行に伴う緊急事態宣言発令時に在宅ワークをしていた際に暇すぎてゲームの腕が上がりました笑

仕事で暇な時間が多いと不安ですし、返って疲れるというケースも珍しくありません。

では、仕事で暇な時間が発生した時にどうすればいいのか現役転職エージェント勤務の筆者が解説をいたします。

仕事をやることがない時の業務時間の過ごし方5選

では、仕事が暇な時の過ごし方としては何をするのが良いのかを解説いたします。

優先度の低い仕事を処理する

仕事の中には、経費処理や雑務など割と優先度を下げても問題の無い業務があります。忙しい時はこういった優先度の低い業務をないがしろにしがちです。

しかし、仕事が暇な時というのはこういった優先度の低い業務を処理するチャンスです。暇があるときに優先度の低い業務を処理するという意識は持っておきましょう。

上司・先輩社員の手伝い

自分が暇だからと言って、上司や先輩社員は暇であるとは限りません。それならば、自分が暇なときは周囲を助けるという意識を持ちましょう。

そうすることで、組織全体の仕事が潤滑に回って早く仕事が終ります。

また、上司や先輩に対する気遣いをしておくことであなたの評価が上がります。実際、筆者は若い頃暇な部署にいた時に先輩方の手伝いをすることで先輩方にかわいがってもらいました。

先輩たちに気に入られると、出世が早くなります。また、直接的に出世に響かなかったとしても先輩の異動等が発生した時に美味しい仕事を回してもらうことができるため、出世・昇給に大きく響いてきます。

社内営業力の高さは出世・昇給に大きな影響をもたらすという認識を持ちましょう。

机の上の片づけ

仕事が忙しい時は、机の上が汚くなるものです。これは筆者だけかもしれませんが、忙しい時は書類が山積みになり、備品の位置があちこちバラバラに置かれてしまうものです。

仕事が無い時は、自身の机の上を整理する上でもチャンスであると言えます。

机の上や中が整理された状態というのは、効率よく仕事をする上で非常に重要です。なぜなら、机の上が汚いと何かものを探すという手間が省けるうえ、頭の中も整理された状態になります。

仕事が無い時にこそ頭の中を整理するために机の整理をするという時間に使いましょう。

業務に関わる勉強

とはいえ、組織全体で仕事が無い場合は上司や先輩に対して「手伝いをします」と言っても仕事をもらえない状況も考えられます。

その場合は仕事に関する勉強をしましょう。

仕事が無い時間を暇なままで終わらせているということは時間の無駄です。無駄な時間にしないようにするためには、暇な時間を有意義な時間に変えないといけません。

忙しい時はなかなか勉強をする時間を作ることができないので、仕事が無い時間にこそ業務に関する周辺知識をつけたり、仕事に必要な資格の習得に充てたりするなどして時間を無くすようにしましょう。

ただし、資格の勉強を大っぴらにするのは好ましくないので上司に予め承認をとったうえでやることが好ましいです。(ただし在宅ワークの方はこの限りではありません。)

ネットサーフィン

勉強は何も参考書や仕事の資料を机の上に広げることだけではありません。ネットサーフィンも立派な勉強になります。

筆者は転職エージェントとして労働法規を知らないといけない場面がありますが、結構その知識をネットサーフィンで仕入れています。

インターネットには嘘情報もたくさん眠っていますが、有効な情報もたくさんあります。情報の精査は必要ですがインターネットの情報から多くの知識を得ることも暇な時間を有効に使うための手段です。

また、天気予報や交通情報など人が生きていくうえで欠かせない情報もすぐ仕入れることができます。ネットサーフィンも暇な時間を有効活用する上で欠かせない暇つぶしの方法であると言えます。

仕事が無い時にやってはいけないことについては以下の記事でご紹介しています。参考にしてください。

仕事のない理由は何?どうやってその理由を解消する?

仕事が短期的に暇になってしまうことがあります。それはやむを得ないことでしょう。しかし、長期的に仕事が無い場合というのは非常によろしくないことです。

では、そのよろしくない状況が起きる理由は何なのかは認識しておくべきです。では、どんな状況が考えられるのかを解説します。

会社の屋台骨が崩れてきている

営業職の場合、仕事が減っているということは会社の経営が傾いているということを意味します。そして、営業職の仕事がなくなっていると連鎖的に他の部署の仕事が無くなっているということにも繋がります。

この状況に対して、できる対策は今の組織で頑張り続けるのか転職するのかの2択です。

会社に愛着があり、この状況を打破したいのなら地道に1つ1つ頑張り続けましょう。最終的に転職しないといけない状況になったとしても会社を守るために足掻いたことは評価の対象になります。

かといって、仕事が無くなっている状況から逃げるために転職するというのも1つの大事な選択肢です。限られた人生の中でくすぶったまま時間を過ごすことは良いことではありません。

それならば転職をして新たな可能性に賭けるのも1つの手です。自分の道を明確な意思をもって決めるということが大事です。

暇な部署にいる

大企業には例外なく暇な部署があります。筆者がかつて証券会社で働いていた時にもいくつかそういう部署がありました。暇な部署にいると、若い人にとってはためになりません。そういう部署にいる場合は異動を願い出ましょう。

もちろん異動を願い出てすぐ異動することは不可能です。ただし、あなたが異動したいという情報は人事に伝わります。そして、行きたい部署に行けるかどうかはさておき、どこかのタイミングで異動が叶うタイミングが生まれてきます。

なぜそう言えるのかというと、組織内でも人員が欲しいというニーズが発生するケースがあります。その場合、余剰人員が発生している部署から異動したい人員をあてがうことになります。

実際、筆者は証券会社時代暇な部署で異動させてほしい(できれば人事か法務に行きたい)と言い続けていたら、なぜか経営企画の部署に異動した経験があります。

言うのはタダです。暇な部署にずっと我慢して居続けてて無駄な時間を作り続けるのであれば声を上げ「異動させてほしい」と言いましょう。(それで評価が下がるのなら転職すれば良いでしょう。)

会社から干されている

あなたはもしかしたら会社で干されているのではないですか?会社で干されているから暇な部署にいるのかもしれないですし、みんなが忙しいのに自分だけ暇になっているのなら高い確率で干されている可能性があります。

その状況の中やるべきことはなぜ干されているのかを認識することです。

仕事ができなくて干されているのなら、仕事ができない要因を考える必要がありそれを改善するための手立てを考えないといけないですし、人間関係で干されているのなら場合によっては転職して環境を変える必要があるでしょう。

いずれにしろ、干されてる状況をそのままにしておくことは自分のキャリアにとって致命傷にもなりかねません。干されているのなら自分の道について意思をもって選択をしなければならないと言えます。

仕事ができない時のスキルアップ術は以下の記事で解説していますので参考にしてください。

仕事ができないから辞めたい!仕事の不安を解消するスキルアップ術

まとめ

以上、まとめます

  • 仕事が無い時にやることは意外に多い
  • 仕事が無い要因を認識する必要がある
  • 状況理解とそれに対する対応策をしっかりする

仕事をやることが無い時は、短期的にやれることがあります。しかし、長期的に仕事がない状況が続くのならばその原因を正しく理解し、できる対処をしなければなりません。

仕事が暇な時間を継続し続けることは、あなたの人生にとって無駄な時間を過ごしているのと同じことです。暇な時間は楽かもしれませんが、楽ばかりしていると将来自分にとってプラスになりません。

20代のうちならば仕事ができない人であったとしても、若いだけで採用ニーズがあります。仕事ができないなら転職も視野に入れて、最終的に仕事ができる環境で仕事のできる人になれるよう工夫して行動をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

関西学院大学卒業、1社目では大手証券会社に勤務  ・8か月でメンタルをやられ休職。 ・証券会社時代はお荷物社員として最低評価を受ける。「こんなひどい評価の奴初めて見た」とまで言われた。 以降、人材ベンチャー、大手転職エージェントに勤務し、2度の戦力外通告を受ける。 現職では、中小の転職エージェントでキャリアアドバイザー兼法人営業で2年連続で社内2位の売り上げを達成。前職退職時の年収450万円→2019年の年収は約1000万円 税金の支払いに苦労してます笑 【人物像】 ・ただの酒好き ・論理・理屈で物を考える 【記事の基本方針】 私のような最強のダメ人間でも、思考力、実力、環境を整備すれば それ相応の成果を出せるということを表現できればいいと思っています。 よろしくお願いします。