仕事のモチベーションが上がらない!!モチベーションの上げ方5選

仕事をしていてモチベーションが上がらないということは誰もが経験したことがあるでしょう。筆者も経験があります。

では、なぜモチベーションが上がらないのか、モチベーションを維持・向上するための方法を転職エージェントで働く筆者がお話しします。

モチベーションとは何?

まずはモチベーションと何かを説明します。

モチベーションとは動機

モチベーションという言葉は色々な場合に使われる言葉ですが、ビジネスの世界では、仕事を自発的に行うための動機を指します。

仕事は、与えられるものもありますが、本質的には自分で考え、自発的に行動することが求められます。特に年次が進む、上位職種になればなるほど自分がどうしたいのか、今どうするべきなのかを考え自発的に動くことが求められます。

自発的に動くためには、自分で動こう、頑張ろうと思わないと自発的に動けなくなります。モチベーションは自発的に動くための動機であり、原動力です。

モチベーションを上げ、維持することは継続的に仕事をする上でも、成果を出すためにも欠かせない要素と認識してください。

モチベーションには外的要因と内的要因の2つに分類される

モチベーションは大きく外的要因と内的要因の2つに分類されます。では、どのように分類されるのかを説明します。

外的要因とは

外的要因とは、評価や報酬など自分の考えや理念以外の要素でモチベーションが上がることを指します。

外部要因は即効性があるものの、長期的にモチベーションを維持するのが困難だと言われます。

内的要因とは

内的要因とは、自身の中に湧き起こった興味・関心、意欲がモチベーションを維持、向上をさせることを指します。

内的要因は、外的要因に対して後天的につくものだと言われます。すなわち、褒められたり収入が上がることにより、仕事のやりがいを感じ、自覚が生まれるものです。

外部要因に比べて、即効性はないものの、モチベーションの維持・継続をしやすくなるものだと言われます。

モチベーションが下がる要因とは?

次にモチベーションが下がる要因について触れます。

褒められない・評価されない

モチベーション維持には外的要因が必要です。

結果を出すのは簡単ではありませんが、結果を出すまでの小さな成功に対し、褒めてもらえる、喜んでもらえることはモチベーションの向上、維持には必要なことです。

裏を返せば、小さなことでも褒められたり、評価されないのなら新入社員をはじめとした若い社員は仕事のモチベーションがなくなり、早期の転職を考えます。

仕事がつまらない

仕事が、つまらない、面白くないと感じているとモチベーションが下がります。

仕事がつまらないということは、仕事ができないていないか、仕事をしっかりしているのにもかかわらず評価をされない状況だと推定されます。

自身の仕事の適性が合わないか、マネジメント側のモチベーション管理ができていない可能性が高いです

会社の人間関係がよくない

会社の人間関係が良くないということをもっと紐解けば、自分だけ仲間外れにされているか、その会社(オフィス)に褒められたり、評価されたりという文化がないかのいずれかに該当します。

前者の場合は、自分に非があるか、周囲の人間性に問題があるか、その両方の可能性があるので、自分の発言や振る舞いに非がないかを認識し、改善をする必要があります。

しかし、後者の場合はなかなか改善が難しく、働く上でモチベーションを挙げるのが難しいです。

実際、筆者が過去在籍した証券会社のとある支店では、毎朝怒号が鳴り響き、売り上げを出さない人間は罵られる、物を投げられるということもあり、褒められる人間はわずかでオフィスの雰囲気は最悪だったそうです。

裏を返せば、褒めてもらいやすい、評価されやすい体制が会社にあれば、会社の雰囲気が悪くなることはなり、良好な人間関係が出来上がっているものと推測されます。

給料が低い、成果を出しても給料が変わらない

働く上での楽しみはやはり給料です。

衣食足りて礼節を知るという言葉がありますが、働く以上、それ相応のお金を貰えないと、仕事に対する倫理や理念は自分の中に生まれません。

頑張って、成果を出したらただ褒められるだけではなく、それ相応の賃金を貰えることはモチベーションの向上、維持に必要です。

頑張っても成果が出ない

内的要因があっても、外的要因が無くなればモチベーションは下がります。

これは筆者の経験ですが、前職では苦しいながらも仕事のやり方を確立し、社内でも上位の売り上げを出すトップ営業のうちの1名でした。

しかし、会社の方針が変わり、自分の専門分野は会社として原則取り組まないというという方針が出されました。

その結果、頑張っても成果が出なくなり、日に日にやる気が失せてきました。

それが自分のせいだと分かっていれば、まだやりようがありましたが、自分が努力してもどうにもならないことが圧倒的に多かったので、限界までは頑張りましたが心のどこかでは会社を辞める理由を探していたように思います。

会社から求められるプロセスを全部踏んだとしても、最終的に評価するのは結果です結果が出なければ評価もされなけず、給与も上がらないためモチベーションが下がります。

モチベーションを上げる・維持するには?

モチベーションを上げる・維持するためには、まずは頑張って褒めてもらい、結果を出すことが必要です。

その原動力を得るためには自身のマインドを変える必要があります。マインドを変えるためには以下のような行動を取りましょう。

モチベーションを上げる映画を見る、本を読む

自分のモチベーションを上げる映画や本読むと、短期的ですがやる気が出ます。

やる気を維持するためには十分な方法とは言えませんが、スタートダッシュを切るには効果的です。

筆者のおすすめの映画や本を1つずつ紹介しますので、良ければ参考にしてください。

おすすめの映画:マネーボール

マネーボールは、メジャーリーグの球団「オークランド・アスレチックス」のゼネラルマネージャー(GM)が球団を常勝軍団にするための軌跡を描いた映画作品です。

この作品の特徴は、貧乏球団のアスレチックスが勝つために、野球のあらゆるプレイを全て数値化し、もっとも高い確率で点を取る、勝つための方法を考え、実行していくというものです。

筆者は転職エージェントとして、また営業として遅咲きのタイプですが、戦略や戦い方を考えるのが好きなので、この作品を見て、自分の思考が勝利に結びつけられる楽しみを改めて知ることができました。

モチベーションを上げるおすすめの本:キングダム

漫画作品ですが、これ以上モチベーションを上げる作品はないと考え、ご紹介します。

同書は中国の春秋戦国時代~秦王朝の統一までを舞台とした作品で、主人公の「信」が下僕から大将軍になるまでを描いた(まだ絶賛連載中ですが)サクセスストーリーです。

この作品はマネーボールとは異なり体育会色の強い作品ですが、「信」が成果を出し、出世していく姿は心が躍ります。

また、戦略、組織についても非常にしっかり書かれているため、会社員にも心を打つ内容です

映画化・アニメ化もされてますのでそちらを観てもいいです。(筆者は映画を見ていませんが)

モチベーションをあげる言葉を座右の銘にする

モチベーションを維持する方法の1つとして、自分に刺さる言葉を座右の銘にして、自室(オフィスでも可)に見える場所にその文言を書いておくといいです。

色々な名言がありますが、筆者の好きな言葉を2つご紹介します。

成功とは、成功するまで続けることだ:松下幸之助

松下幸之助氏はご存知の方も多いと思いますが、松下電器(現パナソニック)の創業者です。今では当たり前の土日休みを初めて会社に導入したのが松下幸之助氏だと言われています。

松下幸之助にとって、成功に最も大事なことは、ダメでも継続することだと、この言葉では伝えています。

成功のためにはどこかで手を抜きつつ、継続して努力し、失敗してもめげないでやり続ければいいと考えれば良いのです。

短期的に結果が出ない、人より仕事の成績が悪い人に明日もそれなりに頑張ればいいという心の支えになる言葉です。

挑戦した後の失敗より、何もしない事を恐れろ:本田宗一郎

本田宗一郎氏は自動車メーカーHONDAの創業者です。

彼の言葉からは、失敗を怖がることより、失敗した方が成長すること、逆に何もしない人間からは成長も何も生まれないことを語っています。

筆者も経験がありますが、仕事の失敗を怖がると、仕事から逃げてしまいます。結果、もっと仕事のできない人になる悪循環を生み出します。

それよりは怒られてもいいので前のめりに失敗したほうが最終的には仕事が上手くいく、だからチャレンジしようと心の中の躊躇から一歩を踏み出せる言葉です。

リフレッシュする

リフレッシュそのものは仕事のモチベーションを向上させませんが、心身が疲弊するとモチベーション維持ができないため、モチベーションの管理が重要になってきます。

では、どのようにリフレッシュをするのかですが以下の通りです。

仕事を休む

仕事を休み、旅行に行ったり、趣味の時間に充てたりすることは、モチベーション維持に欠かせません。

逆に、1週間働き詰めで、毎日夜間まで働くと、もう働きたくないと体が仕事に対して拒否反応を示し、モチベーションが下がります。

努力も大切ですが、休むときはしっかり休みましょう。

運動をする

健全な精神と肉体を保つためには、一定の運動が必要です。少なくとも脳の負荷は一定の運動によって安らぐともいわれます。

ただ休みの日にゴロゴロしているより、軽いジョギングなどをしたほうが体も心もリフレッシュします。

心身の健康のためにも、仕事のモチベーション維持のためにも運動をしましょう。

社内公募に応募する

今会社から求められた仕事に興味がなくとも、会社のビジネスには興味があり、別の部署に異動したい場合は社内公募制度を利用して、やりたい仕事をできるようにしましょう。

社内公募に応募したからやりたい仕事ができるとは限りません。しかし、社内公募制度は優秀な結果を出した人でないと、自分の行きたい部署に行かせてくれません。

裏を返せば、やりたい仕事をやるということをモチベーションに仕事を頑張るということはできます。

花形部署へ異動する人は、社内公募で権利を勝ち取る方が多いです。自分のやりたいことは自分で掴みに行きましょう。

転職をする

モチベーションをどうしても維持できないなら、最終的には環境を変えることで新たなモチベーションが生まれます。

野球が好きな方ならわかると思いますが、巨人一筋で入団した沢村拓一投手がロッテに移籍し、活躍したという事例がある通り環境の変化は新たなモチベーションを生み出します。

安易な転職はおすすめしませんが、今の会社・仕事でモチベーションの維持・向上ができないなら、以下のような転職エージェントを利用して転職し、新たな環境に身を置きましょう。

いずれも転職希望者の声を聞き、良い転職を実現させてくれると口コミで評判のエージェントです。キャリアアドバイザーに話を聞いてもらい、良い転職を実現させましょう。

まとめ

以上、まとめます。

  • モチベーションとは仕事をするための「動機」、「原動力」
  • モチベーションには内部要因と外部要因がある
  • モチベーションが下がる要因の大半は外部要因にある
  • モチベーションを上げるために映画、本、言葉など自分を奮い立たすものを探す
  • リフレッシュでモチベーションを維持する
  • 社内公募、転職などで環境を変える
  • 転職の際には転職エージェントを利用すると良い

モチベーションという言葉を何気なく使う方が多いですが、モチベーションを上げるためには人の言葉、評価、お金といった外部要因が起因するため、モチベーションを上げるためにはそれ相応の行動が必要です。

本編を読んで、モチベーションを上げるためにできることは何かを考え、行動してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

関西学院大学卒業、1社目では大手証券会社に勤務  ・8か月でメンタルをやられ休職。 ・証券会社時代はお荷物社員として最低評価を受ける。「こんなひどい評価の奴初めて見た」とまで言われた。 以降、人材ベンチャー、大手転職エージェントに勤務し、2度の戦力外通告を受ける。 現職では、中小の転職エージェントでキャリアアドバイザー兼法人営業で2年連続で社内2位の売り上げを達成。前職退職時の年収450万円→2019年の年収は約1000万円 税金の支払いに苦労してます笑 【人物像】 ・ただの酒好き ・論理・理屈で物を考える 【記事の基本方針】 私のような最強のダメ人間でも、思考力、実力、環境を整備すれば それ相応の成果を出せるということを表現できればいいと思っています。 よろしくお願いします。