未経験転職希望者必見! 仕事への姿勢を職務経歴書にどう反映する?

転職活動を行うにあたり、書類選考でもっとも採用企業に見られるのは職務経歴書です。

その一方で職務経歴書の書き方、特に未経験業界・職種に転職する際、どこにどんなことを書けば書類選考を通過しやすくなるのか分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

職務経歴書はこれまでやってきた仕事だけではなく、実は仕事への姿勢も見られており、それが書類選考に影響します。

裏を返せば、未経験業界・職種への転職においては書類上から読み取れる仕事への姿勢をしっかり表現することが書類選考通過率を上げる大きなポイントだと言えます。

では、職務経歴書に仕事への姿勢をどう表現させればいいのでしょうか。

現役転職エージェント勤務の筆者が、職務経歴書に仕事への姿勢をどう表現させればいいのか解説します。

職務経歴書の記載事項

まずは、一般的な職務経歴書に記載事項に関して簡単にご紹介します。一般的な職務経歴書では、おおよそ以下のことを記載します。

  • 職務要約
  • 職務経歴
  • 資格・語学力
  • 自己PR

職務経歴書には決まったフォーマットは存在していません。そのため、各転職関連のサイトや転職エージェントで渡される職務経歴書のフォーマットは異なります。

ただ、上記の4項目を満たせていれば、職務経歴書の体をなします。まずは、どんなことを職務経歴書に記載すればいいのかをご理解ください。

仕事への姿勢を表現する箇所は2か所だけ!

仕事への姿勢を表現できる箇所は以下2点です。

  • 職務経歴
  • 自己PR

では、それぞれ解説を加えます。

職務経歴

職務経歴には、以下のことを記載します。

  • 在籍期間
  • 所属部署
  • 実施した業務
  • 成果・成果プロセス

仕事への姿勢を評価するのは、成果と成果プロセスです。

どのような行動を行い、どのように成果を出したかという点を書類選考では確認します。

自己PR

自己PRは名前の通り、自分がどういう考え方、行動をして成果を出したのかを表現する箇所です。

基本的には、以下の構成で記載します。

  • 自己PRポイント
  • 仮説・考え方
  • 行動・プロセス
  • 成果

自己PRに関しては短文(3行程度)で3~4個を記載し、定量、定性面、すなわち量の面で仕事に貢献できたこと、仕事の質にこだわって仕事をしたことが表現できていると良いです。

職務経歴、自己PRの書き方

では、職務経歴、自己PRの書き方について、仕事の姿勢を評価してもらえるような例文をご紹介します。

以下は、人材系から人事への転職を目指している人を想定して作成しています。

職務経歴 例文

以下、職務経歴の例文です。

【会社名】株式会社●●
【業務内容】人事評価制度コンサルティング等
従業員数:30名 資本金:1000万円 

期間業務内容
2018年4月 ~ 現在  【部署】営業一課
【顧客】企業人事・経営層(100名以下の企業がメインクライアント 【職務内容】 企業人事・経営層に対して、人事評価制度のコンサルティング営業を実施  
【売上実績】
・成約12件  
・売上金額 1200万円(対実績比120%)  
【新規・既存比率】 90%:10%
【仕事詳細】
新規でテレフォンアポイントを行い、人事評価制度に課題を感じている会社を抽出。
ニーズのある企業に対しては、訪問をし、企業の課題を認識し、改善案となる企画書を作成のうえ自社の評価制度を導入することで、企業課題(従業員の満足度の向上等)を改善できることを理解してもらい受注に繋げる。

ここでポイントになるのは、以下3点です。

  • シンプルで分かりやすいか
  • 成果がしっかり見えるか(仕事の姿勢がしっかりしてるから成果が出る)
  • 業務ではどのような行動をとっているのかが分かりやすい

大前提として、採用側は職務経歴書をじっくり読むことは業務の関係上できないと思ってください。

そのため、短文でかつ理解してもらえるように職務経歴を書かないといけません。

仕事の姿勢を評価してもらうためには、しっかり成果を出していて、成果につながる行動を取れているのかを可能な限りシンプルに分かりやすく表現しましょう。

自己PR 例文

次に自己PRの例文を2つご紹介します。

■ 顧客接点数の最大化
人事評価制度に関しては、実際に課題に感じている人事が多いという実感がないので、とにかくテレアポで1日100件は最低荷電するように心がけ、ニーズを探っていきました。結果、週2件程度のアポイントが取れ、月間1件の成約をコンスタントに取れるようになりました。
■顧客の課題を引き出せる質問力
評価制度のコンサルティングは顧客の潜在的な課題を引き出すことと顧客の課題を明確にすることだと考えました。そのため、顧客から課題を聞き、状況、あるべき姿など多くの質問をし、顧客が真に悩んでいる、気が付いていない核となる課題を明確化するように努めました。

ポイントは以下の通りです。

  • 職務経歴の内容と連動させる
  • 何が成果につながったかで自己PRをする
  • 定量・定性の要素を自己PRに反映する

職務経歴にはテレアポを行ったこと、課題解決のコンサルティングについて記載していました。

自己PRでは、テレアポを成功させた要因は何なのか、コンサルティング業務を行うときに何を大事にして成果に結びつけているのかを抽出し、説明をするのがこの自己PR欄だと思ってください。

また、量と質双方を担保して仕事をしたということを表現することで、仕事を高い意識を持って取り組んでいるということを読み手に意識をさせることができます。

上記の例文の場合、「顧客接点数の最大化」が定量、「顧客の課題を引き出せる質問力」が定性と理解してもらえたらいいです。

また、今回の例文は人事志望とという前提で書いていますが、人事には「採用」という数値目標が掲げられる仕事と、「評価」や「企画」という課題解決が求められる仕事があります。

そのため、この例文では、数値に対してこだわりがあることで、採用目標数をクリアするためのアクションができる、「評価」や「企画」という課題解決力の求められる仕事ができる素地があると判断してもらえる可能性を表現しています。

企業側がどんな能力があれば採用してくれるのか、というところまで読み解ければなおOKです。

転職エージェントに職務経歴書を見てもらおう

職務経歴書は、一度転職エージェントに見てもらうことをおすすめします。

その理由としては以下の通りです。

  • 企業側が何をもって採用したいと思えるかを知っている
  • 職務経歴書の過不足を添削・指導してくれる

一発で企業側が評価してくれる職務経歴書を書き上げるのはなかなか難しいです。

転職エージェントに職務経歴書を見てもらうことで。企業から興味を持ってもらいやすい、また過不足のない職務経歴書にできるよう指導・添削をしてくれます。

職務経歴書のチェック機能としても転職エージェントを活用してみてください。

転職エージェントに関する記事は以下も参考にしてください。

まとめ

以上、まとめます

  • 職務経歴書で仕事の姿勢を評価するのは「職務経歴」と「自己PR」
  • 職務経歴は、「成果」、「行動」が重要
  • 職務経歴の「成果」、「行動」と自己PRをリンクさせる
  • 自己PRは「成果」、「行動」に加え、「考え方」を書く
  • 自己PRでは「定量」と「定性」をカバーする
  • 転職エージェントに職務経歴書をチェックしてもらう

冒頭でもご紹介したように、職務経歴書は書類選考において、もっとも重要視される書類です。職務経歴書が良くかけているか、そうじゃないかで面接に進める・進めないがはっきり分かれます。

だからといって、職務経歴書の各項目はダラダラと書けばいいものでもありません。

採用側が何を求めているのかを理解し、自身の成果や仕事の取り組み方など仕事の姿勢をどれだけ端的に書けるのかが重要です。

本編をご参考に、採用企業側から評価してもらえる職務経歴書の書き方を知ってもらえたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

関西学院大学卒業、1社目では大手証券会社に勤務  ・8か月でメンタルをやられ休職。 ・証券会社時代はお荷物社員として最低評価を受ける。「こんなひどい評価の奴初めて見た」とまで言われた。 以降、人材ベンチャー、大手転職エージェントに勤務し、2度の戦力外通告を受ける。 現職では、中小の転職エージェントでキャリアアドバイザー兼法人営業で2年連続で社内2位の売り上げを達成。前職退職時の年収450万円→2019年の年収は約1000万円 税金の支払いに苦労してます笑 【人物像】 ・ただの酒好き ・論理・理屈で物を考える 【記事の基本方針】 私のような最強のダメ人間でも、思考力、実力、環境を整備すれば それ相応の成果を出せるということを表現できればいいと思っています。 よろしくお願いします。