仕事を3年で辞めるのはアリ!石の上にも3年説が無意味な3つの理由

新卒で社会人になると、上司や人事から「3年は頑張れ」、「3年は辞めるな」ということを言われた経験はありませんか?

筆者も社会人になった時に新人教育の人事、配属された支店長からステレオタイプのようにこの話を聞かされたという懐かしい思い出があります。

それにしてもどうして3年間仕事を続けなければならないのでしょうか?本当に3年間仕事を続ける必要があるのでしょうか?

結論から言えば仕事を3年間続けないといけないということはありません。
むしろ3年間我慢することは、3年間という時間を無駄にする行為だと筆者は考えています。

それなのになぜ仕事を3年間続けろと言われるのでしょうか。本編では仕事を3年で辞めることをよしとしない風潮の背景、仕事を3年経たないで辞めても良い理由について解説をいたします。

仕事をすぐ辞めることは悪いことだと言われる理由

まずは、仕事をすぐ辞めることは悪いことだと言われる理由について解説いたします。

「石の上にも3年」という言葉がある

最初に言っておくと、3年という期間にあまり意味はありません。ただし、ことわざで「石の上にも3年」という厳しい状況でも3年は耐えろ、3年経たないと一人前じゃないというという言葉があるから、ただそれだけです。

日本人は「3」という数字がとにかく大好きで、コンサルの世界でも何か提案をする時は理由を3つ用意しろという教育がされているようです。

筆者もそのことを、コンサル経験の長い上司から教えてもらったからこそ、あらゆる記事で「3」を多用しています笑

基準を作るのは非常に難しいことです。「石の上にも3年」という分かりやすい基準があるからこそ、それを準用しているだけだと考えてください。

石の上にも3年説を疑わない人たちが多い

採用の世界では、「石の上にも3年説」が定着しています。実際、求人票を見ると求める経験に「3年」が羅列されている現状があります。

人事の人も、人材の採用を人事に依頼する現場責任者も何も考えず「3年経験している人」を採用したいと私達転職エージェントに人選を依頼します。そのため、なんで「3年」なんですか?と聞いてもクリティカルな回答が返ってきません。

そして、「3年」の経験を求める求人に「2年10カ月」の経験者を推薦すると結構高い確率で書類選考を通過している現状を見ると、何となく「3年」という基準を置いているということが何となく想像つきます。

結局「石の上にも3年」という分かりやすい基準があり、その基準に従ってたら何となく良さそうな人が採用できると思っているため3年という数字を使っているだけなのです。

短期での転職に関しては、以下の記事も参考にしてください。

仕事が辛い!辞めたい!入社して3か月目だけど大丈夫?

石の上にも3年説が無意味な3つの理由

筆者は冒頭でもお伝えしましたが、この「石の上にも3年説」に対しては非常に懐疑的に見ています。もっと言えばこの何となくの基準が無駄だと感じています。

では、なぜこの石の上にも3年説が無駄なのかについて解説します。

時間の無駄遣い

人生80年、キャリア人生が30年程度と考えた場合、下手したら人生の4%、キャリア人生の10%の時間を無駄遣いしろと言っているのと同じです。

確かに、選んだ仕事を2~3日で見切りをつけろとは思いませんが、3年もやりたくないとかマイナスな気持ちを持ち続けたままで働くことって非常に無駄なことだと思います。

実際、東進ハイスクールの林修先生は、東大を卒業した後、当時の日本長期信用銀行(いまのみずほ銀行)を退職するとき半年程度で見切りをつけて辞めたことを「正しい」と判断しています。

もちろん林先生の言動が全てだとは言いませんが、時間を無駄にするような3年間を過ごすことはプラスではありません。自らが確実性をもって「違う」と感じたタイミングで今の会社・仕事に見切りをつけることは正しい行為と言えます。

3年という時間に根拠がなさすぎる

3年という期間の根拠を求められた際、おそらく誰もが答えられないと考えています。なぜなら、上述でお伝えしたように「石の上にも3年」という言葉をなぞっている非常に無意味な期間設定だからです。

世の中でみんなが「3年」だと言っているから「3年我慢しろ」が正しいのなら、世の中は全て多数決の動きを是として物事を決めなければならないということになります。

でも、それってバカバカしいことではありませんか?

ビジネスの世界では、論理的に「結果」を出すために「情報」を収集し、最も正しいと思う「行動」をするというのが鉄則です。

一方でみんな失敗したくないから、何となく「当たり前」、「みんなが正しい」という行動を取るように教育されて、何も考えずにそれに従う傾向があります。

筆者はこういう何も考えない人のことを「大衆」と揶揄していますが、こういった「大衆」は絶対に一流になれません。筆者はどうせ働くなら一流になって欲しいと思っていますし、筆者自身も一流を目指して日々行動をしています。

筆者が一流と定義する人は、最適なタイミングで最適な行動をして結果を出す人だと考えています。「石の上にも3年説」を妄信的に守っている人は、自分で物事を考えず何となく世の中に流される「大衆」と同じです。

ビジネスの世界で一流を目指す上で根拠のない行動をするのは非常に良くない、だから「石の上にも3年説」を妄信的に捉えていただきたくないと考えています。

機会損失につながる

3年後も世の中が同じ状況であるとは限りません。実際2020年、世の中は新型コロナウイルスを契機に大きく世の中は変わりました。

実際、採用の世界でも2020年4月前後から一気に中途採用がストップしました。半年ほど経過すると、採用活動を再開する会社も増えましたが、採用に大きな変化が生まれました。

それは、これまで最も採用数の多かった営業職の求人が一気になくなってきたということです。

これは営業職の人を減らしているという訳ではなく、新型コロナウイルスのせいでまともに営業に行けないこと、これが背景にあります。同時に、営業に頼らない受注の仕組みをどう作るかという仕組みづくりに着手する会社が増えました。

つまり、営業という職種の必要性はあるものの、今増やすタイミングではないと判断している会社が多いということで、転職するために3年待っている人は、3年待つことで転職のチャンスを逸しているということになります。

世の中はめまぐるしく動きます。昨日までは当たり前だったことが、今日、明日になればその常識が崩れてしまうということが往々にしてあるということです。

「石の上にも3年説」を妄信的に守ることで、知らず知らずチャンスを逃しているということになります。

また、近年起業家の間では「石の上にも3年」は無駄だと考え、就労年数に関係なく優秀な人材を積極的に採用している会社も増えています。また、少子高齢化の影響で第二新卒の採用ニーズも多いです。

にもかかわらず、根拠もなく「石の上にも3年説」を守っている人は機会損失をしていると言っても過言ではないのです。

転職をすべきが、すべきでないかを判断する方法については以下の記事でまとめています。

転職すべきか否か迷う!誰に相談する? 転職の診断方法2選

まとめ

以上、まとめます。

  • 「3年」という数値は「石の上にも3年」ということわざを準用してるだけで何にも根拠がない
  • 3年という時間を嫌々過ごすことは非生産的で時間の無駄使いであり、機会損失をしている
  • 根拠なしに「石の上にも3年」を妄信的に守っているうちは二流以下にしかなれない

仕事を1年~2年で辞めるのが良いとも思わないですし、3年経って辞めることも3年以上続けることも悪いことではありません。

しかし、何も考えず「石の上にも3年説」を妄信的に守ること、これこそが悪だと筆者は考えています

今の会社に居続けることがプラスなのか、マイナスなのかをしっかり自分の頭で考えたうえで今すぐ辞めることがプラスなのか、3年間続けることを選ぶのかという決断をするようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

関西学院大学卒業、1社目では大手証券会社に勤務  ・8か月でメンタルをやられ休職。 ・証券会社時代はお荷物社員として最低評価を受ける。「こんなひどい評価の奴初めて見た」とまで言われた。 以降、人材ベンチャー、大手転職エージェントに勤務し、2度の戦力外通告を受ける。 現職では、中小の転職エージェントでキャリアアドバイザー兼法人営業で2年連続で社内2位の売り上げを達成。前職退職時の年収450万円→2019年の年収は約1000万円 税金の支払いに苦労してます笑 【人物像】 ・ただの酒好き ・論理・理屈で物を考える 【記事の基本方針】 私のような最強のダメ人間でも、思考力、実力、環境を整備すれば それ相応の成果を出せるということを表現できればいいと思っています。 よろしくお願いします。