仕事を好きになりたい!仕事が好きな人の5つの習慣

新卒で入社したものの、仕事が好きになれなくて会社に行くのが辛いと感じている、そんな方は多いのではないでしょうか。行きたい会社、やりたい仕事だったのに、いざ働いてみるどうしても仕事が好きになれない、そんなことは良くある話です。

実際、筆者も1社目の会社、2社目の会社にやる気満々で入社しましたが、どちらの会社の仕事も嫌いでした。

ではどうすれば仕事が好きになれるのでしょうか。
現役転職エージェントで働く筆者が知っている、仕事が好きな人の基本的な考え方や習慣をご紹介したいと思います。

入社3年以内の第二新卒層の方に特に読んでいただきたいです。

仕事が好きになれないのには理由がある

そもそも、仕事が好きになりたいとやる気をもって就職したのに、仕事が好きになれない理由について考えたことはありますか?

仕事が好きになれない理由はおおよそ以下の理由でしょう。

  • 人間関係が嫌い
  • 会社が嫌い
  • 仕事そのものが嫌い
  • 仕事ができない・仕事に向いていない

以下、それぞれ補足していきます。

人間関係が嫌い

人間関係は転職の最大の要因と言ってもいいです。

実際、人間関係で転職をした人は、調査対象者の半数以上だったというデータもあるくらいです。

特に上司、先輩といった上下関係がうまく行かないと嫌になるのは当然です。

人間関係が嫌すぎると、仕事そのものが嫌いになることにも繋がります。

実際、筆者も上司との人間関係に苦労したことがあり、上司の恫喝のような指導で休職に追いやられてしまいました。(その前から仕事が嫌で苦しんでましたが)

会社の人間関係から仕事が嫌いになることはよくあることです。

会社が嫌い

よく営業職に見られる傾向ですが、会社が嫌いだから転職したいという人がいます。会社が嫌いな理由は、営業方針・販売方針に対する嫌悪というのが多いかと思います。

筆者も前職は会社の方針に従えず無視して仕事をしていたこと、また体育会系の社風がとても嫌いだったので、会社は大嫌いでした。(社風については知っていましたが、ある種修業のつもりで入社したので想定の範囲内でしたが。)

若い方が会社をきっかけに仕事が嫌いになる(業界が同じなら会社も同じでしょという感覚になる)のはとても分かります。

仕事そのものが嫌い

実際働いてみたら、思った仕事と全然違った、面白くないなどいう話はよくあります。ただ、仕事の好きな人のほうがどちらかと言えば少数派です。

実際、インターネットで「仕事 嫌い」というデータを探せば面白いくらいでてきます。筆者も最初に在籍した証券会社の仕事は嫌いでした。

仕事が嫌いは極めて一般的な転職理由ではないかと思います。

仕事ができない・仕事に向いていない

仕事ができないと本当に面白くないですよね。筆者は最初入社した会社では本当に仕事ができない人でした。6~7年在籍しましたが本当に辛かったです。

そして、この仕事ができる、できないということは仕事を好きになれるかなれないかの大きな分岐点になります。

好きな仕事をしてはいけない!?仕事を好きになるきっかけは自分の適性を見つけることにあり

仕事を好きになれない理由は色々あると思いますが、筆者の経験則で言うならば、仕事が好きになれない人の大半は、仕事がうまくいっていないからではないでしょうか。

筆者がお会いする転職希望の方というのは同業界・同職種から同業界・同職種の転職を考えている方々が大半ですが、彼らは大抵優秀です。

転職理由を聞くと、「給料を上げたい」、「休みが欲しい」、「会社の製品・サービスが弱い」など共通していますが、仕事そのものの成果を出している経験はあるので、同業他社への転職を希望します。(本当に成果を出しているのか怪しい人もいますが)

一方、今やっている仕事そのものが嫌だから、他の業界に転職したいと希望される方がいます。それはそれでいいのですが、仕事の内容、成果を出すための思考や行動を確認すると、どうも腑に落ちない人が多いのです。

こういう方は、職務経歴書に記載されている仕事の成果はマグレだったのか、書いている内容を脚色しているかどちらかだと想像できます。もっといえば、仕事ができないから転職しようとしているようにしか見えないのです。

では、何で仕事がうまくいかないのかというと、仕事ができるようにするための努力が足りていないか、仕事への適性が低いかの2択でしょう。

とはいえ、毎日仕事をしていれば仕事は嫌でも覚えます。毎日働いていたら積み重ねがあるはずなので、意識的な努力がなくとも進歩が見られるはずです。

正直、筆者も今の仕事をしていて自宅で努力したことはほぼありません。どっちかといえば、仕事で必要なことは仕事をしながら覚えました。

自宅ではお酒飲みながら趣味の読書、ゲーム、テレビ鑑賞をして、休みは競馬中継、トレーニング、飲酒にいそしんでいます(褒められたものではありませんが・・・)

毎日8時間を1年間働けばそれなりに仕事で求められる技能はつくので、それができていないのなら適性がないと判断した方が良いです。

では、なぜ適性がないのにその会社で働くことになるのかですが、新卒採用のシステムがそうさせているからなのです。

人事は神様ではないので、一人一人の適性を見抜けません。見抜くとすればなんとなくか適性試験くらいです。

新卒採用面接で合否の分かれ目になると言われているのは、人物像やる気地頭コミュニケーション力適性の5項目と言われています。

特にやる気はかなり重要で、新卒面接で絶対聞かれる質問の代表格として志望動機があります。この志望動機をどう伝えるかに誰もが心血を注ぎます。(志望動機の作り方で本が1冊作れるくらいです)

ところが、新卒採用においては、適性に関して問うための質問はあまり多くありません。

企業人事は、新卒で正社員として働いたことのない人に適性を問えるだけの質問はないからやる気と人柄採用をします。(ちなみに、中途採用は志望動機よりも転職理由のほうが重要視されます)

後はどう転んでも辞める新入社員が出てくるから、その数を減らすための施策を行い、離職率を減らそうとしているように見受けられます

これは筆者の私見ですが、やる気より適性のほうが大事です。やりたくないなあと思う仕事でも、上手にこなし褒められたらまんざらでもないですよね。

東進予備校講師の林修先生も「林先生の初耳学」という番組でこう言ってました。

「好き」や「やりたい」はその時に入ってきた情報や感情で決まってしまう一時的なもの

しかし、適性に関しては、覚醒するものはあれど、基本的に20年以上生きてきて培われたものです。そのため、好きな仕事より、適性の高いもの、人から自分に求められる仕事をするほうが満足感が得られやすいのです。

ちなみに林修先生の著書は軒並みベストセラーですが、唯一書きたいと思って書いた著書は「すし、うなぎ、てんぷら」というグルメ本だそうです。そして、著書が林先生が書いた本の中で唯一売れなくて廃版になったそうです。

そして、林先生はそれ以来、自分がやりたい仕事は成果が出ないのでやらないようにしているということでした。

転職の世界でも、あれがやりたい、これがやりたいといって転職活動をする人がいます。かくいう私も「エンゼルバンク」という漫画に感化されこの人材・転職業界という魑魅魍魎の世界に飛び込みました。

結果的に適性があったので(4年くらいきつい時代はありましたが)生き残ることができました。逆に自分にこの仕事の適性がなかったらぞっとします。

仕事を好きになるには?おすすめする5つの習慣

仕事を好きになるための大前提として、好きなことではなく、得意なことを仕事にしましょうという提案をしましたが、日々の習慣を変えることも重要です。

では、どう変えていくのかについてもご紹介します。

仕事はお金をもらえる暇つぶし・ゲームだと考える

仕事とは辛いもの、きついもの、お金をもらうためにやる義務、そんなネガティブな考え方をする方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、いざ仕事を1~2週間休んだら暇でやることがないってなります。
筆者は精神を病んで8か月休職したことがありますが、楽しかったのは最初の1~2週間です。そしてそれからは暇すぎて病んでいきます。

何もしないことも辛いのです。そう考えると、仕事はお金をもらえる暇つぶしなのです。

よく、仕事をゲームと同じだと思ってやればいいという話もありますが、筆者も同じ考えです。

目の前に課された仕事をドラゴンクエストのモンスターくらいに思って対処し、レベルアップと給料アップを同じくらいの感覚でとらえていった方が遥かに楽です。(ちなみに筆者はファイナルファンタジー派です)

また、上司に怒られたくらいで死にはしません。彼らも怒るのが仕事みたいなものですので、怒られないようにするのも、ある種モンスターとの闘いみたいなものです。(逃げるコマンドを発動させるようなものです)

真剣にとらえすぎるから辛いんです。そこそこふざけているくらいが精神的にはちょうどいいです。

ちなみに、筆者の給料は歩合の割合が多いので、お金を稼ぐゲームのような感覚で仕事をしています。

先輩、同僚と仲良くなろう

そもそも入社して1~2年で仕事ができないのは当たり前です。それで仕事が嫌いになってもしょうがないです。できないのは当たり前なんで、できないところを補うために人に頼るということを覚えましょう。

味方を作れば、仕事を助けてもらえるので、一人でやるより楽に進めます。

ちなみに人を活用するスキルというのはビジネスシーンで高く評価されますので、仲良くなり助けてもらうことを覚える、さらにいえば助けてもらう方法を覚えるというのは長い社会人人生において非常に有効です。

否定的なことを考えないようにする・ポジティブシンキングで仕事に臨む

ティモンディ高岸という芸人をご存知でしょうか。「やればできる」を合言葉に、とにかくポジティブなことしか言わない芸で子供からとても高い人気を博しています。

母親は、子供が「やればできる」とステレオタイプのように言ってくるので鬱陶しいらしいのですが、基本的に仕事をやるときは「やればできる」とプラス思考でいることが良いです。

なぜかというと、できないことばかりを考えるとどうしてもできない理由ばかり考えてしまうようになります。脳は基本的に自分を守るようになっていて、怖い、できないと考えるとその対象を自然に拒否するようになっていくのです。

つまり、マイナス思考はマイナスの結果しか生まないようになっているのです。ちなみにビジネスでマイナスな思考をして有効な場面は、客観的なリスクを捉える時のみです。

そして、このリスクは、次の行動・対応をするための指針になるため最終的にはプラスに変換されます。これができないマイナス思考はビジネスの世界で(もっといえば人が生きるうえで)必要がないことだと思ってください。

「やればできる」というファイティングポーズを取ることは前向きに仕事を取り組むための原動力になるのです。(くだらないと思うかもしれませんが意外と重要なことですよ)

稼いだお金で何をするかを考える

いい仕事はお金を生みます。自分で稼いだお金で何をするのかを常に考えておくといいです。

それは高尚なことではなく、おいしいご飯を食べたい、旅行に行きたい、新しい服を買いたい、そんな俗なことでOKです。

できればそのためにお金がいくら必要かも併せて考えてください。

すると、賞与査定を上げるために何をしよう、会社の昇給規程をみて、どうすれば給料が上がるのかなどを考えるようになり、仕事を頑張れる原動力になります。

賛否両論あるかもしれませんが、筆者の考えだと仕事で最も大事なものはお金です。そして、筆者自身そう考えられるようになり、仕事の質、成果が格段に上がりました。

実際、「仕事が好きな人」や「仕事に情熱を持っている人」より「仕事は金のため」と割り切っている人の方が長期的に就業し、高い成果を出しているというデータもあるくらいです。

私も情熱、仕事が好きという感情がない訳ではないですが、基本的に仕事は割り切り派です。なぜ仕事を仕事と割り切れるのがいいのかというと、成果に焦点を置き、無駄なことはしないので短時間で高い成果を出すような行動ができるからです。

仕事が好き、情熱などが必要な場面もありますが、お金を稼ぐためにどうするかを考える方がはるかに楽で面白いです。

成果が出たら仕事が楽しくなりますし、情熱みたいなものも生まれます。最初から仕事を楽しくしようと考えず、まずはお金を稼ぐこと、そのために仕事ができるように頑張るところから始めた方が良いです。

定時で帰ることを目標とする

長時間労働は辛いし、仕事が好きになれない要因になります。

かくいう筆者も少し前は、自分の修業と位置づけ、毎日9時出社~10時退社がデフォルトの会社に行きましたが、もうこんなブラックな働き方はしたくないですね。

では、なぜ定時で帰る工夫が必要なのかというと、早く帰るために仕事の効率化を考えられるようになるからです。

そして、そういう人がこれからの時代、仕事のできる人としてもてはやされます。

最初は仕事を覚えるだけで大変だと思います。そのためにたくさん残業もするでしょう。でも、それは永遠ではありません。

仕事を覚えたら、仕事の本質を理解し、無駄なことをしないようにするほうが良い評価を得られます。そして、早く家に帰って自分の時間を得られます。

最小の時間で、楽に人より多く稼げたら仕事は楽しくなります。

逃げるは悪いことじゃない!仕事に行き詰ってどうしようもなくなったら

それでも仕事をすることが苦しい、楽しくない、鬱になりそうだと感じたら
休職するなり、退職して新しい仕事を探しましょう。

命より大事な仕事はありません。仕事なんかたくさんあるので新しい仕事を探せばいいだけです。

筆者も8か月休職しましたし、なんなら2回会社をクビになっています。それでも何とかなっていますし、昔より断然稼げるようになりました。

無理をするより適正な場所で努力する方が重要なので、耐えられないなら前向きに頑張れる職場を探しましょう。

まとめ

  • 仕事が好きになれない理由を把握しよう
  • 仕事が好きになれない=仕事ができない、仕事の適性がないというケースが多い
  • 仕事が好きより適性を重要視しよう
  • 仕事は暇つぶしやゲームと同じ
  • 職場の仲間を作ることはスキルアップと同じ
  • ポジティブシンキングは大事
  • 仕事は好きや情熱よりお金と効率の方が大事
  • 辛い環境なら逃げることも大事な選択肢

仕事を好きになるためには好きになるための努力が必要な訳ではありません。
仕事が好きになるためには、仕事が得意になることと、その結果楽にお金が稼げるという方が大事なのです。

どうか無理やり好きになろうとせず得意なことを探し、そこから仕事ができる人を目指してもらえたら何よりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

関西学院大学卒業、1社目では大手証券会社に勤務  ・8か月でメンタルをやられ休職。 ・証券会社時代はお荷物社員として最低評価を受ける。「こんなひどい評価の奴初めて見た」とまで言われた。 以降、人材ベンチャー、大手転職エージェントに勤務し、2度の戦力外通告を受ける。 現職では、中小の転職エージェントでキャリアアドバイザー兼法人営業で2年連続で社内2位の売り上げを達成。前職退職時の年収450万円→2019年の年収は約1000万円 税金の支払いに苦労してます笑 【人物像】 ・ただの酒好き ・論理・理屈で物を考える 【記事の基本方針】 私のような最強のダメ人間でも、思考力、実力、環境を整備すれば それ相応の成果を出せるということを表現できればいいと思っています。 よろしくお願いします。