転職を繰り返す人は病気じゃない!転職回数が多い人のシンプル転職術

転職回数が多い人はダメな人、転職を繰り返すのはある種病気、そんな扱いをされるケースをよく目にします。

筆者は現在転職エージェントでキャリアアドバイザー兼採用アドバイザーという立場で仕事をしていますが、私から推薦した転職希望者が転職回数の多いことを理由に企業から書類選考見送りにされる、という経験を幾度となくしています。

また、私自身も転職経験3回で今4社目ですが、現職に転職する前に転職回数を理由に書類選考見送りにされたことがあります。

はっきりいって転職回数が多くなると転職は不利に働きますし、本人も転職を繰り返しているからヤバいという自己認識を持っていると思います。

そこで本編では転職回数が多い人の心理や特徴、転職回数が多い人がどうすれば転職を成功させるのかを話したいと思います。

転職を繰り返し職歴を汚していると思っている人、そしてできれば企業人事の方にも読んでもらえたら嬉しいです。

転職を繰り返す人=病気、ヤバいという認識は間違っている

いろんな関連サイトを見ると、転職を繰り返す人は自分を高く見積もりすぎだとか、仕事選びが適当だとか自己分析ができていないとかヤバい奴みたいな書かれ方をされています。

確かにそういった側面があるのも否定はしません。ただ大事なことを忘れていませんか?

それは転職回数が多くても採用されている人だという事実です。

実際、筆者は転職回数15回とか、転職回数10回とかそんな強者にお会いしています。ヤバい人(妄想癖、経歴詐称など)も2~3人いましたが、話を聞くと大抵の人は優秀です。

実際、以下のようなオファーを筆者は見てきました。

  • 59歳8社経験:営業リーダーとして1200万円のオファー
  • 65歳10社経験:即戦力の嘱託としてオファー(年収は500万円程度ですが年齢がポイントです)
  • 32歳4社経験:営業職として650万円のオファー

筆者の感覚では1社経験の世間知らずより転職回数が多い人の方がよっぽど優秀です。

転職者に問題がある場合もありますが、転職を繰り返せるだけの実力のある人を長く在籍させられない会社の方にも問題があるのです。採用人事や現場責任者にはそのことを自覚してほしいと思っています。

転職を繰り返す理由は?

では、転職回数が多い人が転職を繰り返す理由についてお話したいと思います。

給与条件

上述の通り、転職回数が多い人って優秀な人が多いです。

能力があるがゆえに成果も出すため、成果に見合った給与条件を求めがちになります。結果、年収アップのための転職を複数回行うケースが見られます。

キャリア面

転職を繰り返す人って実は真面目な人が多いです。

自分がこのままこの会社に居たらだめになるからもっと厳しい環境に行きたいとかそういうマインドの元に転職を繰り返し、結果、経歴を汚して苦しんでしまうというパターンを筆者は見てきました。

出世

先にもお伝えした通り、転職回数の多い人は割合優秀です。しかし、日本には年功序列的な考え方も根強く、優秀だから出世できるわけではありません。

結果、出世が頭打ちになると、他の会社で出世する可能性にかけようとして転職してしまうのです。

労働環境

単純に労働環境が悪いところに行くと転職を繰り返しますし、転職回数が増えるとさらに労働環境が悪い会社に当たる可能性は増えます。

労働環境が悪い会社に行くと、そのまま負のスパイラルで労働環境の悪い会社に行き続けるというのは転職を繰り返す人にとって最も多い転職理由かもしれません。

転職を繰り返す人の心理や特徴は??

次に転職を繰り返す人の心理や特徴についてお話します。

飽きっぽい

繰り返しますが、転職を繰り返せる人は頭の回転が早かったり、要領がよかったりと優秀な人が多いです。

故に、仕事で簡単に成果を出せてしまうので新しいことにチャレンジしたいといって転職するといった特徴があります。

標的にされやすい

転職を繰り返す人は、気が優しい人や、少し主張が強めの人も結構見られます。

加えて、中途採用で空いたポジションの上司というのは結構癖が強い人が多いという傾向もあります。

結果、上司にいじめられたり、ぶつかってしまい、精神的にボロボロになり退職するというのが見られるのも1つの特徴です。

キャリア意識が高い

転職する人はキャリア意識が結構強いです(いい意味でも悪い意味でも)。そのため、新たなチャレンジをして失敗するパターンも結構あります。

中には考えすぎて意図が良く見えない転職をしてしまっているケースもあります。こういう人にはいい転職エージェントに巡り合ってほしかったなあと思いますね。

正義感が強い

1社で長くやっていける人というの長いものに巻かれる能力があります。悪いことみたいに思う方もいらっしゃるかもしれませんが、組織の中で生き残るためには必ず必要なことです。

また、企業というのは顧客第一主義と言いながらも結構自分たちの都合のいい顧客第一主義にしたり、組織の都合で人員配置を行うことも珍しくありません。

転職回数が多い人というのは、会社上層部の都合で好き勝手やられること、企業オーナーの帝国主義に対して抗うといった長いものに巻かれない不器用な振る舞いをして、会社との関係が悪くなった結果、退職をするという事例も多いです。

優しい

転職が多い人あるあるで、友達や知り合いの会社に期間限定で行ったとか、最初行く気はなかったけど知人から熱いオファーを頂いたので入社したとか、人の情に応えた結果転職を失敗したというケースは見受けられます。

大前提として優秀だからこそ声がかかるのですが、優しく情が深い人が多いと感じます。

会社選びのセンスがない

転職回数の多い人は本当に会社選びのセンスがない人が多いです。

話を聞いていくと、転職エージェントに紹介され、実際に訪問したらいい会社だったから決めたけど、いざ入社してみたら・・・みたいな話は結構あります。

中には、業界を知っている人間ならそこの会社行ったらダメだよ!と思うところに在籍経験があるというのも、転職を繰り返す人あるあるだったりしますね。

転職回数が多い人の末路

転職回数が多い人は優秀なのにあまりいい思いをしません。では、転職回数が増えた人の末路はどうなるのかをお伝えします。

転職ができなくなる

転職は年齢と転職回数に反比例してどんどん可能性が狭まります。

30代では余裕で転職できていたのに40代になると全然書類が通らなくなったなんてことはよくある話です。

これまでの転職が割とうまくいってたから、次の転職も大丈夫なんて思ったらダメですよ!

年収が下がる

転職回数が増えてくると大手は採用しません。

転職回数が多くても採用してくれるのは中小くらいですが、大手より中小の方が低収入なのは誰でもわかる話だと思います。

転職回数が多い人は、現年収に不満があろうが、大手企業に行けなくなるので、転職することでさらに会社の格と年収が下がってしまうという負のスパイラルに陥る可能性は非常に高いと思ってください。

一定以上の出世ができない

転職回数が多い人に対して、経営側はこの会社を支える中核人材になってもらいたいとまでの信用を置いていません。そのため、出世は頭打ちになる傾向にあります。

よほどの実力や運がないと部長クラス以上の昇進は難しくなります。

転職先を迷わず一発で決めるにはこちら!!転職エージェントの選定方法

転職エージェントを選定するにあたって大事なことは、自分の専門領域に詳しいエージェントに転職支援を依頼すること、それだけでOKです。

例えば筆者であれば、得意領域はヘルスケア領域ですし、私の会社にはアパレル(ハイブランド)に特化して支援している担当や、自動車や機械工業に強い人間もいます。

逆に言えば、転職回数が多い人には原則大手の転職エージェントは向きません。もし、安心できる大手の転職エージェントを利用したいならJACリクルートメントの利用をおすすめします。

担当者のレベルは会ってみないと分からないところはありますが、転職回数の多い人は両面型、すなわちキャリアドバイザーと企業担当を兼任しているエージェントの利用がマストです。

なぜなら、大手の専任キャリアアドバイザーは業界横断型なのであらゆる業界に対して広く浅く知識を持っていますが、一業界に対する深い知識はありません。

対して、専門性の高い両面型のエージェントであれば、転職希望者の専門性をこの会社なら生かせるという情報や経験をもっているケースが多いからです。(JACリクルートメントは両面型のエージェントです)

ではそういうエージェントに会うためにどうすればいいのかですが、ビズリーチに自分の職務経歴を詳細に登録して、毎日ログインしてスカウトを待ちましょう。(ビズリーチは転職エージェントから最も高い支持を集めている転職サイトです。)

そこから、スカウトをくれたエージェントと数人面談をして、紹介された案件に応募すればいいです。

逆にスカウトが来ないなら、今転職をすべきではないと待ちの姿勢で臨めば良いです。転職回数が多い人が転職を一発で決めるコツは専門領域の転職エージェントにスカウトしてもらう、ただそれだけなのです。

まとめ

以上、まとめます

  • 転職回数が多い人って実は優秀な人
  • 転職理由は普通の人とそんなに変わらない
  • 優秀で真面目で優しいから転職回数が増える
  • でも、転職回数が増えるといいことはない
  • いい転職をするためには両面型の優秀なエージェントに出会うこと

転職回数が多い=ヤバい人、病気なんじゃないという固定概念は筆者がこの仕事をしていて取り払いたい概念です。転職回数が多い人にお伝えしたいのは、実力があり、ニーズがあるから転職できているので自信を持って欲しいです。

同時に転職回数が増えると、折角の経歴に傷をつけてしまいますのでなるだけ転職は慎重にしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

関西学院大学卒業、1社目では大手証券会社に勤務  ・8か月でメンタルをやられ休職。 ・証券会社時代はお荷物社員として最低評価を受ける。「こんなひどい評価の奴初めて見た」とまで言われた。 以降、人材ベンチャー、大手転職エージェントに勤務し、2度の戦力外通告を受ける。 現職では、中小の転職エージェントでキャリアアドバイザー兼法人営業で2年連続で社内2位の売り上げを達成。前職退職時の年収450万円→2019年の年収は約1000万円 税金の支払いに苦労してます笑 【人物像】 ・ただの酒好き ・論理・理屈で物を考える 【記事の基本方針】 私のような最強のダメ人間でも、思考力、実力、環境を整備すれば それ相応の成果を出せるということを表現できればいいと思っています。 よろしくお願いします。