転職するなら利用したい!転職エージェントおすすめランキングTOP3

現職への不満、新しくやりたいことができたなど様々な理由で転職を考えている方もいるでしょう。

転職をする際には、ハローワーク、転職サイト、転職エージェントなど色々な方法がありますが、本サイトでは転職エージェントの利用をおすすめしています。

では、なぜ、転職エージェントを利用すべきなのか、転職エージェントはどうやって選べばいいのか、おすすめの転職エージェントTOP3を現役転職エージェント勤務の筆者がご紹介いたします。

なぜ転職エージェントを利用すべきなのか

まずは転職サイトやハローワークなどさまざまな転職サービスがある中、なぜ転職エージェントの利用をすすめるのかですが、理由は以下の通りです。

転職エージェントは一人当たりの採用コストが高いのでブラック企業に当たりにくい

転職エージェントで採用をする際は、採用企業は一人当たり100万円以上の報酬をエージェントに支払います。裏を返せば、一人当たりの採用コストを払える会社じゃないと転職エージェントを利用するメリットが無いという事です。

逆に言えば、ブラック企業は短期で人が辞めていきますので、一人の採用にコストをかけたくないため転職エージェントを利用しません。採用コストのかからないハローワークや1回の求人掲載で大量採用が可能な転職サイトを利用します。

つまり、転職エージェントを利用することで大半のブラック企業を排除することができるのです。

受かる可能性があり、適した求人を紹介してくれる

転職サイトや求人票を見て、この求人は自分が受かる求人か受からないどうかを分かる人はいますか?担当キャリアアドバイザーの技量次第ではありますが少なくとも筆者なら担当求人の2~3割は分かります。

また、受かるかどうかまでは分からないものの、受かる可能性があり、入社するメリットがあるかどうかもおおよそ分かります。

転職エージェントから紹介される求人は、基本的に受かる可能性があり、受けるメリットがあるものが大半です。確実性の高い求人選定をしてくれるという点も転職エージェントを利用する大きなメリットです。

採用企業側との交渉等をしてくれる

転職エージェントを利用することで、企業との交渉ごとなどを全て担ってくれます。具体的には以下の通りです。

  • 求人応募(予め転職エージェントに提出している履歴書・職務経歴書で対応)
  • 面接日程調整
  • 年収交渉
  • 入社日等入社に関わる調整事

自身で転職サイトや企業ホームページから応募するよりはるかに楽です。

転職エージェントを選ぶうえで大事なこと

では、数ある転職エージェントの中からどのように選べばいいのかですが、転職エージェントを選ぶうえで大事なポイントは以下の通りです。

そのエージェントのターゲットは誰なのか

各エージェントでは転職支援をするメインターゲットを決めています。

例えば、筆者だと以下のように設定しています。

  • 医療機器業界経験者
  • 年収400~700万円程度
  • 30~45歳くらい
  • 転職経験有

もちろんターゲットでないから転職支援をしないという訳ではないのですが、自分がターゲットになっている求人が多い転職エージェントを利用する方が効率的に転職活動を進められます。

キャリアアドバイザーがしっかりしているか

キャリアアドバイザーの教育をしっかりしている転職エージェントを利用するというのも重要なポイントです。

恥ずかしい話ですが、転職エージェント業界には転職希望者との面談をまともにできないキャリアアドバイザーが散見されます。

相性がありますので一概にいいキャリアアドバイザーというのはいませんが、少なくとも大手エージェントに在籍しているキャリアアドバイザーはそれ相応の教育を受けます。

筆者が所属するような小規模のエージェントで腕のいいキャリアアドバイザーは数多くいます(腕のいい人はむしろ小規模のエージェントにいます)が、大手のエージェントのほうが確実です。

求人は多すぎない方がいい・中堅企業の求人を多く抱えている

紹介求人数は多すぎても、少なすぎても良くないです。なぜなら、求人が多すぎると、自分が受かる可能性が高い求人を見落としてしまうからです。

求人数が多いと、どうしても大手で年収が高いところが目に入り、そこからエントリーしてしまいます。しかし、大手の面接ハードルは異常に高いため、そもそも面接に受からないという状況に陥ります。

実際筆者はそれで、半年間無駄に転職活動をしました。

もちろん筆者の面接の受け方に問題があった点もありますが、求人数をある程度絞れること、また面接に受かる可能性が上がる中堅企業の求人を多く保有しているエージェントを利用すると良いです。

そして、大手狙いの人は、ある程度厳しい戦いになることも覚悟をしておきましょう。

おすすめ転職エージェントTOP3

では、以上を踏まえておすすめの転職エージェントをランキング形式でご紹介します。

3位:リクルートエージェント

リクルートエージェントは求人数、転職支援実績ともに国内No.1エージェントです。リクルートが扱っていない求人はないというくらい求人のバリエーションが豊富です。

また、キャリアアドバイザーの教育もしっかりしている点もおすすめです。

1位にしても良いエージェントなのですが、保有求人数が多すぎる(毎日すごい数の求人を紹介されます)ので、どの求人が良いのか分からなくなる点が唯一のマイナスかと考え3位にしました。

日系大手企業は例外なくリクルートエージェントを利用していますので、大手狙いの方はリクルートエージェントを利用して頂きたいです。

2位 JACリクルートメント

JACリクルートメントはキャリアアドバイザーと営業担当を兼任している「両面型」の転職エージェントです。

両面型エージェントは求人数が少なくなる傾向にありますが、キャリアドバイザーが求人情報を直接企業から仕入れているため、一求人の情報を豊富に持っています。

こういった両面型の転職エージェントは、一般的には年収600万円以上のミドル層とよばれる方の転職支援がメインになりますが、JACは若手の転職支援の実績も多いです。

ただし、未経験転職よりは、同業・同職種への転職をしたい方だとより高い効果を発揮します。

1位マイナビエージェント

数ある転職エージェントからマイナビエージェントを1位に挙げた理由は以下の通りです。

  • 採用ターゲットは20代前半~中盤がメイン
  • キャリアアドバイザーの教育がしっかりされている
  • 求人数が多すぎず少なすぎない
  • 中堅クラスの求人が多い

マイナビエージェントに関しては、筆者が転職エージェントを選定するうえで、押さえておきたい点を全て網羅されています。

マイナビという会社は、元々はマイナビ新卒、マイナビ転職といった転職サイトが強い会社で、リクナビが大手、マイナビは中小クラスの採用支援に強いと言われていました。

そういった歴史があるため、マイナビエージェントでは中堅クラス以下の求人を多く保有しています。

中堅クラスの企業は、新卒採用等で苦労していない大手と異なり、採用にとても苦労します。そのため、若手の採用にはかなりウェルカムな会社が多いです。

しかもマイナビエージェントの場合だと、紹介求人数が多すぎないので、その中の隠れ優良企業を確実に紹介してくれます。

キャリアアドバイザーの教育もしっかり行っているので、本編の読者の方にはマイナビのエージェントが一番適していると筆者は判断しました。

まとめ

以上、まとめます

  • ブラック企業のフィルターをかけられ楽に転職活動ができるので転職活動には転職エージェントの利用がおすすめ
  • 転職エージェントを選ぶには、そのエージェントのターゲット、キャリアアドバイザーの質、多すぎず少なすぎない求人数がポイント
  • マイナビエージェントはすべてにおいてバランスのいいエージェントなので最もおすすめ

良い転職エージェントの活用が転職活動において重要な要素の1つです。本編を参考にマイナビエージェントなど優良な転職エージェントを利用した転職活動を行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

関西学院大学卒業、1社目では大手証券会社に勤務  ・8か月でメンタルをやられ休職。 ・証券会社時代はお荷物社員として最低評価を受ける。「こんなひどい評価の奴初めて見た」とまで言われた。 以降、人材ベンチャー、大手転職エージェントに勤務し、2度の戦力外通告を受ける。 現職では、中小の転職エージェントでキャリアアドバイザー兼法人営業で2年連続で社内2位の売り上げを達成。前職退職時の年収450万円→2019年の年収は約1000万円 税金の支払いに苦労してます笑 【人物像】 ・ただの酒好き ・論理・理屈で物を考える 【記事の基本方針】 私のような最強のダメ人間でも、思考力、実力、環境を整備すれば それ相応の成果を出せるということを表現できればいいと思っています。 よろしくお願いします。