残業ありきのシフト・給与体系が嫌!無駄な残業を避ける3つの方法

世の中には残業ありきのシフトや給与体系にしている会社というのが多く存在しています。特に、営業やサービスエンジニアなど外出が多い仕事の場合は残業ありきのシフトや給与体系にしているケースが多くあります。

必要な残業についてはしなければならないものの、無駄な残業をしたくないのに、会社からとにかく残業を求められるのが嫌だと思う人がいるのではないでしょうか。

では、そんな会社に入ってしまった時に無駄な残業をしないようにするためにはどのようにすればいいのでしょうか。これまで残業ありきの勤務体系で働き続けた現役転職エージェントの筆者が解説いたします。

残業しないと怒られる?残業ありきの会社に見られる傾向とは?

まずは、残業しないと怒られるような残業ありきの会社に見られる傾向について解説をいたします。

みなし残業ありの給与算出がされている

残業ありきの会社は、絶対と言っていいほどみなし残業代が給与に含まれています。

なぜ、残業ありきの会社はみなし残業を設定しているのかというと以下の理由が挙げられます。

  • 低い給与をそれなりに高く見せたいため
  • 従業員確保が必要なため
  • みなし残業分以外の残業代を支払わないようにするため

基本的に多くの会社は安い給料で従業員に働いてほしいと思っています。一方で、従業員は少しでも多くの給料が欲しいと考えています。

そう考えるとみなし残業で給料の下駄を履かせてそこそこ給料を高く見せるようにしておけば、それなりの給料を担保する事ができると考え選ばれやすくなります。

実際、筆者も前の会社で提示された給料を見ると、年収は450万円程度でしたが時給1300~1400円程度と決して高いとはいいがたい給与水準でした。

ただし、近年は在宅勤務が増え、労務管理が難しいという点からみなし残業にしている会社も多くありますので、みなし残業があるから残業ありきの会社だと考えるのは早計だということも認識しておいてください。

顧客・クライアントが夜の仕事、もしくは1日中稼働している

例えばカラオケの営業や食品卸会社などは顧客が夜のお店だったりするため、夜間に営業活動をするケースが多いです。

しかし、製品・サービスによっては夜間勤務の就労体系にする事で深夜残業による給与のかさ上げされてしまうため、それを避けるため日中勤務の給与体系でみなし残業をつけて深夜残業を付与しないケースが結構散見されます。

特に営業職の方は顧客先が夜に稼働している会社や店舗の場合は残業ありきの仕事になりやすいということを認識しておきましょう。

顧客・クライアント先に日中出入りできない

日中に稼働している会社や店舗だとしても、コミュニケーションを取れるのが夜間のみの場合は、日中勤務+みなし残業を付けられるものの、実際のところはサービス残業ありきの働き方をしなければならないケースがあります。

筆者が転職を支援した方から報告を受けた事例で、歯科関連の機械製品を扱っている会社でみなし残業付きの給与体系で日中のみの仕事がメインだと聞いていたが、休みがろくにない残業ありきの仕事だったということでした。

日中に稼働していても、顧客に会えるのが夜間しかないというケースも残業ありきの仕事になりやすくなります。

経営者がとにかく根性論丸出し

筆者が経験した残業ありきの仕事をさせる会社というのは、経営者が体育会系の発想でとにかく無茶苦茶な働き方をさせることを正当化します。

例えば、以下のようなことを伝えられました。

  • 一流を目指すにはとにかくハードワークが必要だから残業は当たり前
  • 仕事を楽しいと思えるようになる、仕事から離れたら不安だと思えないといけない
  • 報告書の作成は業務中に行ってはいけない
  • 仕事の成果を左右するのは気合いだ

無駄に意識の高いメッセージや気合いを前面に出す経営者の場合は、残業が正義だと考える傾向にあることを知っておくと良いです。

残業しないと怒られる!?残業ありきの仕事をしている人が無駄な残業を避ける3つの方法

では、会社から残業しないと怒られる!というような残業ありきの仕事をしている人が無駄な残業を避けるための3つの方法をご紹介します。

無駄のない業務スケジュールを構成する

大前提として残業のない仕事をするためには、残業をしないような仕事のスケジュール調整をした上で業務を実行しましょう。

仕事を迅速に回すためには1にも2にも計画性が大事です。計画的な仕事は無駄を排除し、最小限の手数で最大限の結果を生み出すのです。

残業をしない働き方については、以下の記事でもご紹介しているのでご参考にしてください。

とにかく成果を出す

全ての会社にあてはまるわけではありませんが、基本的に成果を出し続けている人に関して上司は何も言いません。なぜなら、結局仕事は成果が全てです。成果を出し続けている人に文句を言えるわけではないからです。

また、もしも成果を出している人が毎日定時で仕事を終わらせて帰っていることを非難されることで他社に流出することになったら会社としてはシャレにならないので成果を出している人に対しては残業せずともうるさい会社でも受け入れられやすいです。

仕事で成果を出し続けるというのは非常に難しいことです。

自分で言うのもなんですが筆者も2~3年間ずっと会社から求められる以上の成果を出し続けることができましたが、コロナウイルスが流行して以降、どんどん成果を出すのが難しくなりました。

実際、本編を書いている中(2021年3月現在)でも仕事の売上が思い通りいかなくて非常に苦しんでいるのが現状ですが、どんな状況であっても効率的に成果を上げるための工夫・施策は非常に重要です。

転職する

近年無駄な残業を避けるようにしている会社が増えました。なぜなら、働き方改革が進んで残業規制が政府主導で進められているからです。

実際、筆者が取引している人事に残業の話を聞くと、以下のような話を聞きました。

  • 残業はビジネス上必要なことはあるので完全に残業禁止にしないもののさせすぎないように人事で管理している
  • 原則残業をだらだらする人を評価しないので会社ではあんまり残業が無い
  • 会社で残業を無くすために社内調査をして残業を減らすための施策を考えている

こういった状況なので、転職をすることで無駄な残業をしなくていい会社に転職ができる可能性があります。最終手段ですが、無駄な残業をしないためには転職をするというのも有効な施策なのです。

残業を改善するための転職に関しては以下の記事を参考にしてください。

まとめ

以上、まとめます

  • 残業ありきの会社はみなし残業を設定していることが多い
  • 夜間に仕事が増える会社や経営者が体育会系の志向性の場合も残業しないと怒られる傾向にある
  • 無駄な残業をせずに成果を出し続けると、会社から残業しなくても怒られなくなる場合が多い
  • 残業規制をする会社が増えているので、転職して残業を減らすというのは良い方法の1つ

残業を減らすためには、無駄な残業をしない会社で働いて、無駄な残業をしないように工夫する、これに尽きます。

もし、今無駄な残業に苦しんでいる方がいらっしゃるのであれば、そもそも自分の働き方が残業を生み出しているのか、会社から無駄な残業させられているのか、もしくはその両方なのかをまずは認識しましょう。

もし、自分の仕事の仕方が下手だから残業しているのならそれを是正するための工夫が必要ですし、会社からやらされる残業をして我慢がならないのなら転職を視野に入れましょう。

ただ文句を言っていても残業は改善されません。無駄な残業を無くすためには無くすための行動をするということから着手してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

関西学院大学卒業、1社目では大手証券会社に勤務  ・8か月でメンタルをやられ休職。 ・証券会社時代はお荷物社員として最低評価を受ける。「こんなひどい評価の奴初めて見た」とまで言われた。 以降、人材ベンチャー、大手転職エージェントに勤務し、2度の戦力外通告を受ける。 現職では、中小の転職エージェントでキャリアアドバイザー兼法人営業で2年連続で社内2位の売り上げを達成。前職退職時の年収450万円→2019年の年収は約1000万円 税金の支払いに苦労してます笑 【人物像】 ・ただの酒好き ・論理・理屈で物を考える 【記事の基本方針】 私のような最強のダメ人間でも、思考力、実力、環境を整備すれば それ相応の成果を出せるということを表現できればいいと思っています。 よろしくお願いします。