残業が当たり前なのはおかしい!残業地獄から抜け出す方法

晴れて社会人になったけど、毎日が残業地獄で身も心もヘトヘトになっている人は多いのではないでしょうか。中には残業が当たり前の中業務スケジュールを組まれておかしいだろうと苛立っているいる方もいることが想像できます。

このように残業が当たり前で働いている方に対し、なぜ会社は残業を当たり前のようににさせるのか、どうやって回避したらいいのかを転職エージェントで働く筆者が説明します。

残業をさせることは法的におかしい

大前提として、会社が従業員に残業をさせることは法律的には良くないことです。

なぜなら、労働基準法には1日の労働時間は8時間までで1週間の労働時間は40時間までと決められ、原則、残業はさせてはいけないという規定があるからです。(労働基準法32条)

ただし、状況においては1日8時間働かせただけでは仕事が完了しなかったり、トラブル処理をしないといけなかったりという状況が想定されるため、経営者の救済のため法律で例外的に残業が許可されているのです。(労働基準法36条)

ちなみに、例外的に従業員に残業を命じた場合は残業手当として、残業した分の賃金は時給換算分の1.25倍の金額を支払いましょうということも規定しています。

法的に見れば、残業はあくまでも例外的な対応で、会社は労働者に対して1日8時間までしか働かせてはいけないという大原則があるのです。

なぜ会社は残業を当たり前にさせるのか?

法律で労働時間を1日8時間まで決められているのにどうして会社は残業を当たり前にさせてしまうのか、その原因について検証をします。

業務が多くて時間内に処理できないから

特に社員数が少ない会社は一人に負荷がかかってしまいます。そのため、どんなに処理をしても仕事が終わらない状況というのは考えられます。

こういった状況の場合、会社が人員補強をすれば良いのですが、なかなかそうもいかない場合もありますし、うまく採用できないケースも考えられます。

人と仕事が回っていない場合、必然的に残業する機会が増えるのです。

非効率な仕事をしているから

仕事は効率的にやることが大事なのは誰でも分かっていることです。

しかし、効率的にやることが大事だと分かっていても、効率的に仕事を回している人は案外少ないです。

日々の業務を作業としていつも通りこなしていることが結果として非効率的な仕事になっていることはよくあることです。

残業をするのが社会人の務めだという昭和の価値観があるから

いわゆる昭和的な価値観だと、より遅くまで会社に残って仕事をするという人は頑張ってる人として評価されますし、逆に定時で退社しようものなら、やる気のない社員として扱われます。

そのため、そういった古い価値観が横行している会社だと、今残業しなくてもいい仕事を進めたり、定時で終わる仕事をあえてだらだと夜に仕事を引っ張ったりするような傾向が見られます。

会社が可能な限り安い賃金で長時間働かせたいから

これは筆者の話になるのですが、この転職エージェントという仕事はある意味エンドレスで仕事ができます。

そのため、働き方としては、今日はこれだけやると仕事を区切るか、時間いっぱいまで仕事を引き延ばして働くかの2択で仕事をすることになります。

こういった場合、仕事を勝手に区切られて帰られるよりも、時間いっぱいまで働かせたいと考える経営者は多いです。

特にみなし残業制の給与体系を取っている会社であれば、仕事が終わったので残業しないという社員がいた場合、「時間いっぱいまで働けよ」という感覚になるのです。

筆者の前職は、「事業場外みなし労働時間制」という、新聞記者や直行・直帰の営業職で採用されるような賃金体系でした。

この「事業場外みなし労働時間制」という賃金体系は、労務管理ができない社員に対して設定されるもので、提示した賃金以上を会社は支払わなくて良いという特徴があります。

しかし、筆者の前職においては、朝は出社が義務付けられていましたし(朝直行をやりすぎると結構怒られました)、直帰する場合は上司の報告が必要でしたので本来「事業外見なし労働時間制」は用いてはいけない賃金体系なのです。

このような賃金体系で働いた結果、残業代0円で毎日22時まで就労することが当たり前になっていました。

このように、セコイ経営者はいかに少ない賃金で長時間働かせようとするのだなという事を感じました。(ちなみに上場企業でのお話です)

残業を回避するためには

では、残業を回避するためにはどんな方法が取れるかを説明します。

一回は残業を受け入れ仕事を体に叩き込む

新卒で入社し、働き始めていきなり残業をしない働き方を筆者はおすすめしません。なぜなら最初は仕事を覚えないと価値の高い残業ナシの働き方はできないからです。

確かに残業は法律で規制されているものですし、健康を阻害する可能性もありますのでむやみに肯定すべきものではないと筆者は考えています。

しかし、ただ会社から少ない業務量を渡され、すぐ帰れるぬるま湯の働き方をすれば、自身が成長できなくなります。

それでもその会社にずっといられたらいいのですが、これから先時代が激しく変化し、会社が自分を守ってくれなくなる状況は容易に想定されます。

ですので、どこに行っても通用する知識や技能をつけておく必要があります。そういった技能をつけるためには経験値をあげ、仕事ができる人にならないといけません。

仕事のできる人は、中にはセンスがいい人もいるのでしょうが、一度は効率の悪い働きを経験し、そこから改善に改善を加え仕事の技能を上げてきている人が大半です。

そう考えると、残業を回避するために残業をするというのは変な考え方かもしれませんが、最終的に定時で帰り、かつ高い成果を出し年収を上げるために、最初は敢えて牛馬のように働いてみても良いのではないでしょうか。

筆者も今でこそ、1日の労働時間はせいぜい4~5時間程度ですが、(勤務時間は7時間ですが、実質の労働時間なんてそんなものです。)本年度の売上は社内2位がほぼほぼ確定しています。

しかし、かつては1日12時間、13時間労働は当たり前でした。そういった苦しい過去があるからこそ、何か効率よくて何が無駄かある程度判断でき、成果を出せているのだと思います。

業務処理を早くして結果を出す

上述ではまずは残業してとにかく牛馬のように働いてみてはと言いましたが、いつまでもそんな働き方をする必要はありません。

仕事のミッションをしっかり把握し、日々業務を行うことでその業務の工程の無駄なことが見えたり、自分の無駄な行動が見えてきたりしてくるはずです。

自らの業務分析、行動分析を行い、行動を改善すれば業務効率の高い動きができるようになります。

自身の行動を改善し、業務効率を上げてさっさと仕事を終わらせて結果を出せるようになりましょう。結構難しいことですが自分の成長を感じることができるので案外楽しいですよ!

社内の空気を読まない

一番厄介なのは、無駄な残業を推奨する会社の空気です。

成果が出せていないうちはなかなか難しいかもしれませんが、自身の業務改善、行動改善を行い、成果を出せるようになれば社内の空気を読まず、定時が来たらさっさと帰りましょう。

会社も上司も同僚も成果を出している人間には文句は言えません。(特に営業職の場合)

文句を言われないように仕事をして、成果を出して社内の空気を読まず大手を振って帰りましょう。

根本的な解決法は転職

働き方改革を推進している現状において、無駄に残業をさせる会社というのは時代遅れのダメな会社だとは思いますが、転職エージェントで働いていて、そういう旧態依然(きゅうたいいぜん)とした会社はまだまだ多く見られます。

成果を出そうが、残業をしないと評価してくれない会社に居続けるのは時間と労力の無駄です。だったら転職エージェントに登録して転職をしましょう。

マイナビエージェントに登録しておけば、多くの求人を紹介してもらえます。その中から、無駄な残業をさせず、効率的な働き方のできる人を評価してくれる会社は必ず存在します。

自分を変えることはまだできます。しかし、人や会社を変えることは容易ではありません。だったら、自分のマインドの合う会社に行くということが究極的に効率のいい動きだと言えます。

まとめ

以上、まとめます!

  • 原則残業をすることは法律で認めていない(あくまでも例外的な対応)
  • 会社が残業をさせるのは仕事が処理できないか、残業を良しとする風潮があるかのいずれかに分類される
  • 残業をしないようにするにはまず自分が残業を経験することからはじめる
  • 自分の力で可能な限り残業を減らし、かつ成果を出す
  • 成果を出せるようになれば、会社の空気をよまず定時で帰ればいい
  • 最終的には転職エージェント経由で転職して自分の働き方にあった会社を見つければいい

残業はすべきものではありません。でも一度は自分のために残業を経験してから自分の力で残業を無くしていく動きをしていくのが筆者はベストだと思っています。

これからの時代、会社が自分を守ってくれなくなります。ただ会社にぶら下がって与えられた少量の仕事をこなすだけではスキルが付かず、最終的には世の中から必要にされる人になれなくなります。

ただ残業をしないだけではなく、世の中で必要とされる人で定時で帰れる人、そういう人を目指してみてはいかがでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

関西学院大学卒業、1社目では大手証券会社に勤務  ・8か月でメンタルをやられ休職。 ・証券会社時代はお荷物社員として最低評価を受ける。「こんなひどい評価の奴初めて見た」とまで言われた。 以降、人材ベンチャー、大手転職エージェントに勤務し、2度の戦力外通告を受ける。 現職では、中小の転職エージェントでキャリアアドバイザー兼法人営業で2年連続で社内2位の売り上げを達成。前職退職時の年収450万円→2019年の年収は約1000万円 税金の支払いに苦労してます笑 【人物像】 ・ただの酒好き ・論理・理屈で物を考える 【記事の基本方針】 私のような最強のダメ人間でも、思考力、実力、環境を整備すれば それ相応の成果を出せるということを表現できればいいと思っています。 よろしくお願いします。